« 東京絵葉書:お薦め本 | トップページ | 日本が危ない:少子化問題の真実 1 »

2006/02/12

素晴らしき科学の世界:HAL伝説


HAL(ハル)伝説―2001年コンピュータの夢と現実

素晴らしき科学の世界、お薦めの一冊は「HAL伝説」。

科学ファンなら知らない人はいない「2001年宇宙の旅」
解説本も数多く出版されていますが、この本はもう一人(?)の主人公、コンピューターのHAL2000に焦点をあてています。

テーマは、映画のなかでHAL2000が誕生した1997年。現実のコンピューターがどこまでHAL2000に近づいたかを検証すること。
映画の場面から推測できるHAL2000のさまざまな能力を、その分野の専門家が詳細に検証していきます。

音声認識や画像認識、コンピューターの感情や倫理観まで。
HAL2000の全能力について、緻密に検証がなされています。
何気なく描かれた一場面が、どのような技術に裏付けられたものなのか。
映画を見る眼が大きく変わります。

序には原作者アーサー.C.クラークが寄稿していて、本書の構想と着眼点を絶賛しています。

専門書として、コンピューター関連技術の入門書として、そして「2001年宇宙の旅」をより楽しむための一冊としてお薦めします。


HAL(ハル)伝説―2001年コンピュータの夢と現実

HAL(ハル)伝説―2001年コンピュータの夢と現実

販売元:早川書房

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 東京絵葉書:お薦め本 | トップページ | 日本が危ない:少子化問題の真実 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/686231

この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしき科学の世界:HAL伝説:

« 東京絵葉書:お薦め本 | トップページ | 日本が危ない:少子化問題の真実 1 »