« 東京絵葉書:食糧ビル | トップページ | 素晴らしき科学の世界:火星年代記 »

2006/02/10

MacLife: iPod生活は最高


Apple iPod 30GB ブラック [MA146J/A]

黒く輝く iPod30GB を買ったのは、発売直後。
2世代前のiPodでも十分満足していたのですが、その美しさに一目惚れでした。
艶やかな漆のような深みのある筐体は、本当に美しいのです。
カラーになった液晶も、想像以上に解像度が高くて鮮明。
取り込んだ映画の字幕さえ、はっきり読めるのは感激でした。

その発売にあわせるように、iTuneMusicStore(iTMS)でミュージックビデオの発売が始まり、
PodCastのサービスも開始され、VideoPodCastまで登場したのです。

手持ちのCDを取り込んで聞くだけだったiPodの活用範囲が一気に広がりました。

仕事に出かける平日は、iPodとともにあるとさえ言える今日このごろ。
そんな一日をご紹介しましょう。

6:30
起床。コーヒーメーカーのスイッチを入れ、トーストを焼く。
マックを起動して、メールと新聞サイトのチェック。
iPodを接続すると、iTunesが自動起動して登録済みのPodCastを更新して、自動でシンクロしてくれます。

7:30
通勤時間は約1時間。
電車に乗ったら、さっそくiPodの出番です。
まずは、最近始まった「読売ニュース ビデオ ポッドキャスト」をチェック。
日替わりで女子アナが読み上げる5分ほどのミニニュースです。
ダビングしたテレビ番組を1本。
続いて、読売と日経のいくつかのPodCastをチェック。
PodCastは週1回程度更新も多いので、曜日によって聞くものは様々。
現在登録中は20程度でしょうか。落語などもあって新鮮です。
時間が残れば、お気に入りの曲を聞いています。

9:00
会社に到着。
自分のPCにUSBでこっそり接続。バッテリーの充電です。
ずいぶん長くなったとはいえ、映像中心に使用するとバッテリーは3時間は持ちません。

12:00
昼食。
一人のときは、iPodを持って公園やバーガーショップが多いのです。
昼休みには、テレビの連続ドラマかお気に入りの映画。
HDDビデオからDVDに焼いて、マックでiPod に、どんな番組でも取り込めます。
詳しい説明は、いずれいたしましょう。
iPodには購入したミュージックビデオしか取り込めないと思っている人! もったいないですよ!

18:00
退社。
帰り道は、新しく購入したアルバムを聞くことが多いのです。
お酒を飲んだときなど、ぼんやりお気に入りを聞くのは最高です。
新しいiPod、明らかに音質が良くなったように思います。

20:00
iPod 最後の仕事は、翌日に備えての新しいビデオの取り込みです。
見終わったビデオを手動で削除し、マックでiPodサイズに変更したビデオを取り込みます。
あるいは、購入したDVDから取り込みをすることも可能です。
自宅の大画面で見なくても良いような、トーク番組などを通勤途中にiPodでチェック。
便利な時代になったものです。




Apple iPod 30GB ブラック [MA146J/A]


Apple iPod 30GB ブラック [MA146J/A]


販売元:アップルコンピュータ

発売日:2005/10/20

Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 東京絵葉書:食糧ビル | トップページ | 素晴らしき科学の世界:火星年代記 »

コメント

 こんちはー、ホイヤーです。
 いいなー・・。自分は まだ 初期に近いマック用のiPod 20GBですので あはははですー・・。まっあたらしいマックをかってからですねー・・。USB2.0対応なので 今のiPodは・・。

投稿: アンクル・ホイヤー | 2006/02/11 16:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/669303

この記事へのトラックバック一覧です: MacLife: iPod生活は最高:

» iPod生活は最高 [Macとえいちやin楽天広場]
 こん○○は、ホイヤーです。本日は 「iTunesMusicStoreデビューの裏側(第2回)〜THEBIGHIPの仕掛け人登場」と「MacLife:iPod生活は最高」他をご案内いたします。 ○アンクル・ホイヤーの独り言・・・。「花粉症と携帯とiTunesとiPod」 こんちはー、昨日は 朝から な...... [続きを読む]

受信: 2006/02/11 15:25

« 東京絵葉書:食糧ビル | トップページ | 素晴らしき科学の世界:火星年代記 »