« BraveLife:ネビル・シュート「渚にて」 | トップページ | 東京絵葉書:晴海通りの地下道 »

2006/04/23

東京絵葉書:築地本願寺

1997010地下鉄築地駅前に今も健在の築地本願寺。
巨匠伊東忠太の怪作とも傑作とも言われる汎アジア様式なる不思議な様式で建築された、押しも押されぬ築地のランドマークです。比較的古い建築が残って来た築地・東銀座地区ですが、最近になって建替えが目立つようになりました。
東洋風でも西洋風でもインド風でもない独特な建築で、ノートルダム寺院風の怪物の装飾などがあったりと伊東忠太独特の世界を満喫できるはずです。
内部にはご覧のとおりパイプオルガンが設置されていて、本願寺独特の仏のための賛美歌が演奏されていたこともあるといいます。
基本的には内部を見学することは可能ですので、建築好きならぜひ一度じっくり観察してみてください。
堂内での本格的な写真撮影には了解を得ることをお薦めします。

撮影:1997
場所:中央区築地3-15

|

« BraveLife:ネビル・シュート「渚にて」 | トップページ | 東京絵葉書:晴海通りの地下道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/1477112

この記事へのトラックバック一覧です: 東京絵葉書:築地本願寺:

» 「ノートルダム寺院」パリ旅行日記② [スチャラカランナーの日々]
 「ノートルダム寺院」へも当然行きました。実は2度。このあたりは計画性を持っていった方がいいという反面教師にでもしてください。  動画が横になってしまいました。  最初は2日目でマラソンのゼッケンをもらった後です。ここも「MUSEE CARTE」の使用対象。  この寺院はフランダースの犬でネロが最後に亡くなっていたところで有名です。ルーベンスの画の前だったと思います。  ルーブル美術館にはルー�... [続きを読む]

受信: 2006/04/25 08:47

« BraveLife:ネビル・シュート「渚にて」 | トップページ | 東京絵葉書:晴海通りの地下道 »