« BraveDVD:「カサブランカ」 | トップページ | 105円の本達:司馬遼太郎「最後の将軍」 »

2006/05/05

BraveDVD:「フレンチ・コネクション」

フレンチ・コネクション

フレンチ・コネクションは、古典と言っても良い刑事ドラマの名作である。
舞台はニューヨーク。アメリカの栄光に翳りが見え始めた70年代初めの、クスんだような古びた街並が印象的である。
フランスから密輸される麻薬、その組織を執拗に追うのが、ポパイことドイル刑事。荒っぽさが信条の熱血漢の刑事であるが、最近のド派手なアクション映画を見慣れた目には、むしろ地道で真面目な刑事に思われる。35年の歳月の間に、現実はフィクションを超えたと言うこともできるだろう。
無骨な大男のドイル刑事を演じるのは、名優ジーン・ハックマン。とりたてて美男でも肉体派でもないが、その存在感あってこそのフレンチ・コネクションである。
その演技を見ていると、「ダイ・ハード」のブルース・ウィルスを感じる。あの大雑把そうでいて繊細な演技、ちょっとした仕草や台詞に含まれるウィット溢れるユーモア。
いや、勘違いしてはいけない。単なる偶然ではなくブルース・ウィルスがジーン・ハックマンに学んだのに違いないのである。
最近復活を遂げて綺羅綺羅と輝きを取り戻したニューヨークだが、こんな時代もあったことを、この映画を見ると思い出すのである。

フレンチ・コネクション フレンチ・コネクション

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2005/10/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« BraveDVD:「カサブランカ」 | トップページ | 105円の本達:司馬遼太郎「最後の将軍」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/1673812

この記事へのトラックバック一覧です: BraveDVD:「フレンチ・コネクション」:

» フレンチ・コネクション [星の輝く夜に]
フレンチ・コネクション 「フレンチ・コネクション」(71)は、第44回アカデミー作品賞、監督賞、脚色賞、主演男優賞、編集賞の5部門を受賞。 この年作られたて話題になった「ダーティハリー」(71)と共に刑事役をヒーローからアンチ・ヒーローへと転化させたアクション映画の名作。 製作は、スティーブ・マックィーン主演で大ヒットした「ブリット」(68)のフイリップ・ダントニ、監督は「エクソシスト」(73)�... [続きを読む]

受信: 2006/05/06 13:03

» フレンチ・コネクション [::: SCREEN :::]
(1971/ウィリアム・フリードキン監督/ジーン・ハックマン、ロイ・シャイダー、フェルナンド・レイ、マルセル・ボズフィ、フレデリック・ド・パスカル/105分)  去年、NHK−BS放送を録画していたものの鑑賞。  1971年のアカデミー賞で、作品賞や監督賞など5部門を受賞した刑事もの。刑事ドラマと呼ぶほどドラマチックではないので、あえて刑事ものと言っときましょう。個人的には同じ年の「ダーティハ�... [続きを読む]

受信: 2006/05/06 19:10

» 『フレンチ・コネクション』---粘着気質のポパイ [映画兄弟の映画ブログ]
前にBSから録っていたのをやっと昨日観た。 ニューヨーク市警麻薬取締課の型破りはみだし刑事。なんて型通りな肩書き! すげーはまり役なんだけど、その後、同じような役をせず活躍するジーン・ハックマンはやはり名優なのでしょうね。 『カンバセーション』とか『エネミー・オブ・アメリカ』でやった神経質っぽい役のほうが素敵。 ああでも、ポパイもたしかに神経質で粘着質な一面を覗かせています。 そうか!ジーン・ハックマンは粘着気質俳優なんだね。いま気づいた。 前半は、張り込み風景が続いて刑事の仕事... [続きを読む]

受信: 2006/05/07 02:45

» 映画評「フレンチ・コネクション」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1971年アメリカ映画 監督ウィリアム・フリードキン ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2006/08/24 15:35

« BraveDVD:「カサブランカ」 | トップページ | 105円の本達:司馬遼太郎「最後の将軍」 »