« 105円の本達:司馬遼太郎「最後の将軍」 | トップページ | 105円の本達:景山民夫「トラブルバスター3」 »

2006/05/07

BraveDVD:「ローマの休日」

ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 (初回生産限定版)
最も愛しい洋画を選ぶなら「ローマの休日」です。
古の歴史の街ローマが舞台。たった一日の王女と新聞記者の出会いと別れ。
シンプルすぎるストーリーと数少ない登場人物、ささやかな冒険と控えめなアクション。それでも「ローマの休日」は不朽の名作なのです。
なんといってもオードリー・へプバーンの気品と愛くるしさ、豊かな表情が素晴らしい。そして、グレゴリー・ペック演じるアメリカ人記者の無骨さと控えめなユーモアも好もしい。淡い恋心をお互い感じながら、小さなエピソードを重ねつつローマの街を巡っていく脚本の巧みさ。
現実にはあり得ないのに(滞在先の王宮から王女が清掃車に隠れて抜け出すなんて...道端のベンチで寝込んでいるなんて...ねえ)、自然に物語に入り込めて登場人物に感情移入できる洋画など、そうはありません。
何回見ても心が和んで温かくなる作品なのです。

ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 (初回生産限定版) ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 (初回生産限定版)

販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日:2003/12/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 105円の本達:司馬遼太郎「最後の将軍」 | トップページ | 105円の本達:景山民夫「トラブルバスター3」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/1674419

この記事へのトラックバック一覧です: BraveDVD:「ローマの休日」:

» ローマの休日 [カイエ]
miron さんの「『ローマの休日』の小さな声」へのトラックバック ローマの休日 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 発売日: 2003/12/17 メディア: DVD ウィリアム・ワイラー監督  1953年 王女アンは、おしのびで街へ抜け出し、偶然出会った新聞記者ジョーと束の間の恋に落ちる。、、、、   ローマの美しい観光名所を舞台にした、オードリー・ヘプバーン主演のあまりにも有名なラブロマンスである。これは、僕が初めて見... [続きを読む]

受信: 2006/05/07 22:38

« 105円の本達:司馬遼太郎「最後の将軍」 | トップページ | 105円の本達:景山民夫「トラブルバスター3」 »