« BraveDVD:「ローマの休日」 | トップページ | BraveCD:「BUENA VISTA SOCIAL CLUB」 »

2006/05/08

105円の本達:景山民夫「トラブルバスター3」

トラブルバスター3 国境の南

D0065324_0192943_1

景山民夫は放送作家から転身した作家である。
著書はコラム、随筆、小説と幅広く「遠い海から来たクー」で一躍注目された。
初期のコラムには、良き時代のテレビ業界を扱ったものが多く、下ネタやキツい冗談満載のお気軽なものも多い。
日本では珍しいハードボイルドタッチの探偵物などを得意としていて、住居や服装、車や銃器などの詳細な描写、一人称での記述など、欧米流探偵小説の王道をしっかりと抑えた魅力的な作品を多く残している。
トラブルバスターは、関東テレビ総務部総務課制作庶務係のトラブルバスター宇賀神を主人公とする探偵物語である。日本の法制上、刑事事件を取り扱う探偵業は存在しないが、テレビ局所属のトラブル解決担当社員を想定することで、さもありなんと探偵を創造したのは、作者のアイディア勝ちである。
テレビ局に発生する各種のトラブルを解決していく宇賀神は、バツイチの冴えない中年男性である。一人暮らす古びたアパートの描写、事件の真相にせまる手法や登場人物までが、アメリカの探偵ドラマを彷彿させ実に懐かしくて楽しい。40歳以上の方なら往年のジェームス・ガーナー主演の「ロックフォード氏の事件メモ」を思い出すことだろう。
第3作の本編では、これもこの手のドラマでは定番の魅力的な女子高校生・瞳が登場しペアを組むことで物語に幅が出ている。ラストの麻薬シンジケートとのカーチェイス場面などシーンが目に浮かぶようである。

トラブルバスター3 国境の南

|

« BraveDVD:「ローマの休日」 | トップページ | BraveCD:「BUENA VISTA SOCIAL CLUB」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/1680016

この記事へのトラックバック一覧です: 105円の本達:景山民夫「トラブルバスター3」:

« BraveDVD:「ローマの休日」 | トップページ | BraveCD:「BUENA VISTA SOCIAL CLUB」 »