« 105円の本達:渡部昇一編「参謀の条件」 | トップページ | 日本が危ない:吉田向学「部落学序説」を読む 2 »

2006/06/14

日本が危ない:吉田向学「部落学序説」を読む 1

今回は、ココログで注目しているブログをご紹介したい。
「すばらしき新世界」のカテゴリー区分にしっくりとこないので迷いはあったが、より多くの人に読んでほしいとの著者の熱意を思い、微力ながらご紹介することとした。
 テーマは、多くの知識人が正面から取り組むことを避けがちである被差別部落である。被別差部落は、明治維新以後今日に至るまで日本社会の汚点のごとく論じられ、政治的課題として多くの予算と労力をかけて解決が図られてきた。
 吉田向学氏のブログ「部落学序説」は、その被差別部落問題を根幹から問い直す視座を提示している革新的な論説である。
 従来の定説(著者はそれを「賤民史観」と呼ぶ。)では、被差別部落(特殊部落)は中世に誕生し江戸時代に強化徹底された最下層の被支配階級「穢多(エタ)」「非人(ヒニン)」が住む村落であるとされ、その差別の原因は主として死牛馬等の処理など従事した職業にあるとしてきた。
 それに対して著者・吉田向学氏の提示する「穢多」「非人」像は斬新かつ革新的である。まず「穢多」「非人」は支配階級であり、被支配階級ではないと言う。明治以降の「士・農・工・商・穢多・非人」とのヒエラルキー(階層)構造は、当時先進のマルクス史観などの影響を受けた階級概念を適用したものであって、実際の江戸時代の社会構造とは違うと指摘する。その上で「武士」「穢多」「非人」が支配階級として上下に並び、被支配階級は「農」「工」「商」が職業別に分類され並列に存在していると指摘するのである。
被支配階級は生産活動に従事する「常・民」であり、支配階級は主として統治に従事する「非常・民」であるとし、「武士」は戦争(江戸時代にあっては他藩や藩内の武力蜂起が対象)を、「穢多」「非人」は司法警察を担当していたと説くのである。
 すなわち著者によれば、「百姓(著者の定義のよれば農民・商人・職人などすべての被支配階級)」と「穢多(著者によれば「非人」も含まれる)」は、現在の一般市民と警察官の関係とほぼ同様の関係にあると言う。平和に善良に生活する限りにおいて一般市民と警察官は基本的に無関係であり、むしろ犯罪者や犯罪から日常生活を守る守られる関係があるに過ぎないと言う。そこにあるのは、上下関係ではなく相互信頼に違いないと言うのである。現在の町をイメージして、そこにある警察署や駐在所、交番が「穢多村」でありそこにいるのが「穢多」「非人」と言う職業を持つ人なのだと説くのである。そこには、差別・被差別の関係はまったくないと言うのである。
 もちろん、職業選択の自由はすべての人々に認められていない封建制度下であり、「穢多」「非人」を含むすべての人々は世襲でその仕事につき、居住場所も決められていることは現在と違う。街道警備などの都合上で「穢多村」は配置されたと言う、今もそうであるように軍事や警察の業務上重要な場所は不便地であることが少なくない。「穢多村」が地味の乏しい僻地にあるのは、職務上の都合であって差別されているためではないのである。
 では定説で言う賎業(死牛馬の処理など)とは何なのか。著者はむしろそれは「穢多」だけに独占的に許された特権であると言う。当時の農作業などに不可欠であった牛馬だけに、それに関する仕事は安定的であって独占することの利益は大きい。その利益の大きい職業を「穢多」に独占させることで、警察業務を行う経済的基盤を与えたのである。「穢多」には「武士」と同じく各藩から手当が支給されていた。しかし「武士」がそうであったようにその手当だけでは生活は成り立たないのが江戸時代であった。その補填のため「賎業」が独占されたのである。死牛馬の処理とは武具などに不可欠な皮革製造に他ならない。なめし加工され武具になった皮革は各藩に買い取られたに違いない。著者は「穢多」の独占した職業が各藩さまざまであったと指摘しているが、火薬製造などもその一つだったと指摘する学者もいる。
 著者の提示する江戸時代の社会像は斬新である。その斬新さゆえの誤解も多いようである。その論説は、逐次なされる指摘への反論なども含むため理解が難しい部分も多い。
 ブログの限界とも思える長大な論説は、江戸時代の「穢多」の姿を描き終えるまでに、すでに3章(著者によれば新書3冊分)を費やし、ようやく明治維新以後の「賤民史観」の形成過程に及びつつある段階である。「部落学序説」の早期の完成を願ってやまない。
「部落学序説」は、司馬遼太郎の影響なども受け少なからず幕末や明治維新に興味を持つ人にとって、まことに興味深い論説である。今まで不思議であったいくつもの疑問を解く重要なヒントを与えてくれている。次回は、そのことを考えてみたい。

|

« 105円の本達:渡部昇一編「参謀の条件」 | トップページ | 日本が危ない:吉田向学「部落学序説」を読む 2 »

コメント

ご指摘ありがとうございます。
「非差別」は「被差別」の誤りです。
訂正させていただきます。

投稿: | 2007/05/21 22:03

非差別部落は被差別部落の誤りではないでしょうか?

投稿: keisuke | 2007/05/16 16:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/2168525

この記事へのトラックバック一覧です: 日本が危ない:吉田向学「部落学序説」を読む 1:

« 105円の本達:渡部昇一編「参謀の条件」 | トップページ | 日本が危ない:吉田向学「部落学序説」を読む 2 »