« 105円の本達:杉浦日向子「4時のオヤツ」 | トップページ | 日本が危ない:共謀罪は絶対に危ない2 »

2006/07/02

105円の本達:林望「ホルムヘッドの謎」

Ntzhayashinoholmhead_1         ホルムヘッドの謎
  林 望 (著)





ユーモアたっぶりの前2冊とは、やや趣きの異なった林望の3冊目です。
イギリスを扱ったコラムは相変らず、目の付けどころが「林望」なのですが、後半は日本の古典を考察していて、とっても理屈っぽい著者の一面を見せています。
異色なのは旧ソ連の旅行体験記。ユーモアは抑えられて、末期を迎えつつあったソ連社会の陰鬱な風景を描きだしています。

ホルムヘッドの謎
林 望 (著)

|

« 105円の本達:杉浦日向子「4時のオヤツ」 | トップページ | 日本が危ない:共謀罪は絶対に危ない2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/2466286

この記事へのトラックバック一覧です: 105円の本達:林望「ホルムヘッドの謎」:

« 105円の本達:杉浦日向子「4時のオヤツ」 | トップページ | 日本が危ない:共謀罪は絶対に危ない2 »