« 105円の本達:中島らも「今夜すべてのバーで」 | トップページ | 日本が危ない:共謀罪は絶対に危ない4 »

2006/08/18

105円の本達:ボブ・グリーン「オール・サマー・ロング 下」

410533302x09_pe00_ou09_scmzzzzzzz_ボブ・グリーン「オール・サマー・ロング 下 夏がいっぱい」

井上一馬訳 新潮社




ボブ・グリーン初の長編小説の下巻をようやく読み終えた。
70年代、アメリカで青春を過ごした高校の親友3人がひと夏のバカンスを共に過ごす。なんとはなしにテレビドラマ「ルート66」を彷彿とさせる物語である。
新たな出会いがあり、それぞれの家庭・家族の微妙な関係が描きだされ、少年時代の夢の実現があり、懐かしい再会があるなど、ボブ・グリーンが長年コラムにしてきた題材が巧みにコラージュされた素晴らしい出来映えだった。
極東の島国で、もっと遅い時期に青春を過ごした者でさえ、懐かしさを感じることは素直な驚きである。
アメリカで同時代を生きたアメリカ版「団塊の世代」なら感涙ものの物語であるに違いない。
北米版アトラス地図帳を手元に用意して、ビートルズの懐かしいアルバムを聞きながら読めば、感動も一層であること間違いない。

410533302x09_pe00_ou09_scmzzzzzzz_ボブ・グリーン「オール・サマー・ロング 下 夏がいっぱい」

井上一馬訳 新潮社

|

« 105円の本達:中島らも「今夜すべてのバーで」 | トップページ | 日本が危ない:共謀罪は絶対に危ない4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/2993005

この記事へのトラックバック一覧です: 105円の本達:ボブ・グリーン「オール・サマー・ロング 下」:

« 105円の本達:中島らも「今夜すべてのバーで」 | トップページ | 日本が危ない:共謀罪は絶対に危ない4 »