« 105円の本達:田中康夫「ぼくたちの時代」 | トップページ | BraveGoods:何といまさらPS2 »

2006/09/03

BravePS:「機動戦士ガンダム」

機動戦士ガンダムVer.1.5 GUNDAM THE BEST

今回は番外編として、2000年発売のPlayStation2用ゲーム「機動戦士ガンダム」です。

いつものように近所のBookOffに、105円本を探しにいったところ収穫なし。
せっかくだからとCDコーナーを物色していると、すぐ隣のゲームコーナーに「GUNDAM」の勇姿とロゴのソフトが。

ガンダムは好きでDVDや漫画では読んでいたのですが、TVゲームにハマるには早く生まれすぎたため、これまで全くこの手のゲームはやったことがない、この私。(最後に触れたゲームは確かスーバーマリオだったような)
どんなものかと手にとれば、ファーストガンダムのストーリーを完全リメイクしているとある。声の出演も基本的にTVシリーズと同じ。
しかも、しかもですよ。値段はわずか550円。
これは買ってみるしかありません。
ゲームはやらないのですが、自宅にはソニーのPSX初号機もあって、リモコンを使ってプレイは可能なのです。

自宅に帰るやさっそく「起動」。

おお、懐かしいTVシリーズのタイトル画面とナレーション。続いてはザクの小隊が出現、なかなかリアルに3Dしています。

最初のステージは、偶然にガンダムに乗り込んだアムロが、マニュアルを見ながらザクを撃破する有名な場面。
このゲーム、ごくごく簡単なマニュアルしか付属していなくて、練習ステージもないので、いきなり本番。状況はまさにアムロ・レイそのままです。

いきなり立ち上がる「連邦の白い奴」。慣れない操作で、走る方向は定まらず、やたらとビームサーベルを振り回しても、ザクには全くカスリもしません。
シャアをして「連邦のモビルスーツは化物か」と言わしめたやたら頑丈なガンダムですが、ザク2機によってたかってボコボコにされ、わずか数分で見事に戦死。
自らが「オールドタイプ」であることと、ニュータイプの凄さを実感した初陣でした。

「アムロだってマニュアル片手で何とかなった」などという甘い考えを捨てじっくりと操作方法を暗記しての再挑戦。
1機は撃破。しかし、復讐に燃えるザクに斬りつけられて、またしても戦死。

丸2日、セカンドステージを未だクリアできないため、詳細にはご報告できませんが、随所に挟みこまれた名場面や懐かしい台詞。ガンダムファンなら1本は持っているべきと実感です。

晴れて最終ステージまでクリアできた時には(いつのことやら...)改めてご紹介します。

ちなみに、リンクは新装版。オリジナルはもっとアニメアニメしたバッケージです。

機動戦士ガンダムVer.1.5 GUNDAM THE BEST 機動戦士ガンダムVer.1.5 GUNDAM THE BEST

販売元:バンダイ
発売日:2005/02/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 105円の本達:田中康夫「ぼくたちの時代」 | トップページ | BraveGoods:何といまさらPS2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/3308028

この記事へのトラックバック一覧です: BravePS:「機動戦士ガンダム」:

» 機動戦士ガンダムDVD-BOX 2の激安情報 [DVD-BOX激安ショッピング-人気DVD-BOXの激安・格安情報]
シリーズの原点にしてリアルロボットアニメの金字塔、富野喜幸(富野由悠季)監督による伝説のTVアニメーション『機動戦士ガンダム』のBOX最終第2弾。第25話「オデッサの激戦」から最終第43話「脱出」までを収録する。6枚組。※初回限定生産... [続きを読む]

受信: 2006/12/21 16:54

« 105円の本達:田中康夫「ぼくたちの時代」 | トップページ | BraveGoods:何といまさらPS2 »