« BraveBook:「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」 | トップページ | 105円の本達:寺崎央「ワーズワースの冒険」 »

2006/09/29

BravePS:続「機動戦士ガンダム 一年戦争」

機動戦士ガンダム 一年戦争

ジオン軍との戦闘は続いている。
ようやくランバ・ラルの白兵戦を撃退し、「弔い合戦」すなわちハモンのギャラップによる決死の特攻を退けたところに過ぎない。
「機動戦士ガンダム 一年戦争」は、サイトの評判どおりにガンダムの操作性が抜群でストレスが激減である。同じガンダムが見違えるように走り回り、飛び上がるのは快感である。相手のザクやグフをビームライフルで撃破炎上させるのも、現実の世界で体験することが決してないだけに、実に気持ちが良いのである。(もっとも、爆破直前に相手パイロットの悲痛な叫びが無線の混信なのかコックピットに聞こえてくるのが痛ましくもあるのだが)

一時の熱情も薄れ、平穏な日々に戻りつつある今日この頃だが、TVゲームは新たな楽しみの一つとして定着しつつある。

考えるに、テレビゲームは小説や映画と同質な、あるいはより優れたメディアである。最近のアクション中心の映画はもちろんのこと、甘い恋愛小説も知的な推理小説も、いずれも現実の生活では決して体験できない様々な出来事を「仮想体験」するための手段である。
基本的に受け身である小説や映画でも、人は多くのものを感じ感動する。テレビゲームは同種の感動を与えてくれるだけでなく、そこに自らの意志や行動を加えることが出来る点で(もちろん制作者が巧みに作り込んだ「想定の範囲内」の疑似的参加に過ぎないのだが)、より優れているように思われるのである。

時を超え、場所を超えて、多様な経験を蓄積し伝承し追体験することを可能とした文字と書籍の発明こそが、人類に今日の繁栄をもたらした源泉である。司馬遼太郎によれば、それを「文明」と言う。
その意味で、TVゲームは「文明」の新しい手段に他ならない。そして、その新しい手段の魅力に触れるにつれ、それが現代文明を新たな段階に移行させるのではないか期待するのである。あるいは、それに触発され生理的に進化した人類をガンダムの世界では「ニュータイプ」と称しているようにさえ思われる。


機動戦士ガンダム 一年戦争 機動戦士ガンダム 一年戦争

販売元:バンダイ
発売日:2005/04/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« BraveBook:「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」 | トップページ | 105円の本達:寺崎央「ワーズワースの冒険」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/3549032

この記事へのトラックバック一覧です: BravePS:続「機動戦士ガンダム 一年戦争」:

« BraveBook:「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」 | トップページ | 105円の本達:寺崎央「ワーズワースの冒険」 »