« BraveGoods:BRITA フィヨルドセレクト | トップページ | MacLife:iPhoneの未来に栄光あれ! »

2007/01/10

BraveDVD:イッセー尾形「The Best of Best Collection '89-93 DVD BOX1」

イッセー尾形 The best of best collection ’89~’93 DVD BOX1

イッセー尾形をご存知だろうか?
初めて彼を見たのは「冗談画報」だったように思う。
泉麻人が司会する幻の情報番組。やたらとマニアックで玄人受けする芸人や演劇やパフォーマンスなどを紹介していた。

そのなかでも、イッセー尾形の芸は秀逸だった。
登場するのは政治家でも著名人でもないごく普通の人々。
工事現場の職人だったり、終電に乗り遅れたサラリーマンだったり。

ごく普通の人々の、有りがちな出来事や癖などを演じるのである。
服装や髪型、ちょっとした小道具で、驚くほど多様な人物を演じ分ける。
だれも共演者のいない一人芸、まさにプロの芸である。
マスコミに登場したばかりにタモリの芸が、それに近い感じがする。
しかし、タモリの芸が有名人の形態模写や現実ばなれした言動で笑いを生むのに対して、イッセー尾形の芸はいかにも独特で孤高である。
だれでもが出会うであろう日常での一寸した可笑しさを増幅し、癖になる笑いを生み出すのである。

今や沢山のDVDが販売され入手可能だが、ご紹介するのは初期の5年間のベスト版である。すでに15年以上も昔になる。時の流れの中で多くの笑いは急速に陳腐化し見るに堪えないものになる。しかしイッセー尾形に限っては全くそのようなことがない。
確かに営業課の会社員が携帯電話を持っていなくて公衆電話を探したりと、時の流れを感じる部分もある。しかし、それは決して彼の芸の価値を失わせない。

イッセー尾形が描き出すのは、社会そして人間の本質である。本質そのものが元来持つ可笑しさを抽出して描くのである。彼の芸を見て思うのは、人間とはどうしてこうも可笑しく不思議な存在なのかということである。

批判を畏れずあえて言うなら、イッセー尾形は極東の島国に20世紀末に誕生したシェークスピアなのである。
人間の本質を見抜き再構築する、シェークスピアのみが成し得た偉業に、イッセー尾形は限りなく近づいているように思う。

追伸
マスコミに滅多に露出することがないイッセー尾形だが、今も毎年のように公演を行っていて、しかも熱狂的なファンで常に満員である。個人的には今回ご紹介した初期の芸風が好きである。それはあるいは、イッセー尾形の毎年のように進歩する笑いに自分自身が追いつけないだけなのかもしれない。


イッセー尾形 The best of best collection ’89~’93 DVD BOX1 イッセー尾形 The best of best collection ’89~’93 DVD BOX1

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2004/11/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« BraveGoods:BRITA フィヨルドセレクト | トップページ | MacLife:iPhoneの未来に栄光あれ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/4743842

この記事へのトラックバック一覧です: BraveDVD:イッセー尾形「The Best of Best Collection '89-93 DVD BOX1」:

« BraveGoods:BRITA フィヨルドセレクト | トップページ | MacLife:iPhoneの未来に栄光あれ! »