« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/27

BraveBook:「明治・大正・昭和をめぐる東京散歩」

Book 明治・大正・昭和をめぐる東京散歩―明治に感嘆する大正に遊ぶ昭和を振り返る

販売元:成美堂出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

江戸東京ブームはまだまだ続きます。
検定試験なども始まって、実にいろいろな書籍が販売されるようになりました。

なかでも最近目立つのは「地図本」です。
地区別やテーマ別の「散歩本」、名店老舗を紹介する「街本」などがありますが、「昔と今を較べる本」が結構楽しかったりします。

江戸ブームなのですが、地震・火災・戦争そして経済発展の結果、東京には「江戸の遺産」はおろか「江戸の面影」さえ、ほとんど全くと言って良いほど残っていないのは、東京を歩いた人ならだれでもご存知のとおりです。

わずかな神社仏閣の緑に「江戸を見る」のは、よほど想像力があっても簡単なことではありません。実はその緑さえ「地図本」で確認すると戦後に植えられたものであったりするのです。

そこで最近人気は「ちょっぴり前の東京」、団塊世代なら「昭和20年代」40歳代なら「東京オリンピックの後」の「子供の頃の懐かしい街」をテーマにした地図比較本なのです。

ご紹介のこの一冊、東京の都市の骨格が固まった明治末、関東大震災で街並が一変した直後の昭和初期、高度成長真直中の昭和40年代、そしてバブル開発後の現在の4枚を同一縮尺で比較した「超力作」なのです。

例えば、今話題の品川が、明治末には江戸時代のままの砂浜の続く海岸線であったことや、昭和40年代には埋立てが完了していたことなどが、手に取るようにわかります。
さらには、街で見かけた古びた洋館がいつごろ建設され、建設されたときには何だったのかも簡単に解ります。

こんな一冊を持って東京を歩くと、散歩の楽しみがグンと広がるのです。

明治・大正・昭和をめぐる東京散歩―明治に感嘆する大正に遊ぶ昭和を振り返る

販売元:成美堂出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/20

105円の本達:日下公人「21世紀、世界は日本化する」

456961018809_aa240_sclzzzzzzz__2 「21世紀、世界は日本化する」 日下公人
 2000年3月刊行 PHP研究所




ずいぶん前にご紹介したことのある日下公人の一冊です。
日本人の好みなのか、悲観的で危機的な評論が多い中、日下公人の書籍はどれも「前向き」で「楽観的」で良い意味で「民族主義的」です。

いまも多彩な活動を続ける同氏ですが、長引く不況の出口が全く見えないなか当時、このような主張ができる見識の広さと確かさは素晴らしいの一言です。

主張のみを簡潔に述べるスタイルは、検証的でも論理的でもありませんが、根拠なく主張しているのではないことは、自ら検証してみればわかります。

今起きていることや、マスコミや権威の主張に流されることなく、事実に基づいて自分自身で将来を見据えて考えていくことの大切さ。
日下公人の著書を読むたびに、それを実感するのです。


456961018809_aa240_sclzzzzzzz__2 「21世紀、世界は日本化する」 日下公人
 2000年3月刊行 PHP研究所


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/13

BraveDVD:「太陽がいっぱい」

Taiyou2

DVD 太陽がいっぱい

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2002/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ハリウッド制作の映画は続々とDVD化され、ずいぶんと低価格で手に入るようになりました。
デジタル処理された名作が、公開当時のそのままの色彩で自宅で繰り替えし見られるとは。映画好きには本当に良い時代となったものです。

新作映画が今のようにアメリカ製ばかりになる前、イタリアやフランスなどの映画も結構公開されていたものです。

そのなかでも最も印象的で、ぜひ見たいと思っていたのがこの映画
「太陽がいっぱい」(原題:PLEIN SOLEIL)
なのです。
今や昔なのですが、主演のアラン・ドロンは美男子の代表として日本の女性にも絶大な人気があったのです。

ずいぶんと前にテレビで1回見ただけの映画なのです。
DVDでじっくりと見直してみると、独特の「安っぽさ」も感じるところもありますが、ストーリーや演技なども結構しっかりしていて、やはり「名作」と評価できる作品なのでした。

あまりに有名な主題曲とヌーベルバーグ(懐かしい!)流の斬新な映像。
セレブの生活と階級社会、古びた重厚な南ヨーロッパの風景など見所満載です。
値段は高めなのですが、ぜひコレクションしておきたい1枚なのです。

ちなみに酷評されがちなアラン・ドロンの演技の評価は?
最近日本で人気の木村拓哉と案外似ていますよ、と言っておきましょう。

Taiyo1

太陽がいっぱい

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2002/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/04/06

BraveCD:宇多田ヒカル「ULTRA BLUE」

ULTRA BLUE

1枚ごとに限りなく進化しつづける宇多田ヒカル
誰にも真似のできない独特の「宇多田ワールド」であって、しかも常に「新しい」ことは想像以上に凄いことなのです。

初めて聞いても「聞き慣れた曲」が多いこのアルバム
多くがCMなどに使われているのです。
ほんの一節を一回聞いたら忘れられないインパクトの強さが彼女の楽曲です。

月面都市の少年が地球を見上げる
そうカップヌードルのCMのバックに流れているのが「This is Love」、このCDの1曲目なのです。
最初は「ああ宇多田ヒカルだ」と思っただけだったのですが、繰り返し耳にするうちに全体を聞いてみたくなって、アップルストアでダウンロードして聞き込むと他の楽曲も聞きたくなってくるのです。

あえて天才「宇多田ヒカル」に弱点があるとすれば歌詞でしょうか。
その圧倒的な歌唱力ゆえに聞いていると感じませんが、歌詞カードで確認すると曲に較べて歌詞の軽さが気になります。
逆に言えば、人生経験を重ねて歌詞が哲学的な厚みを増したとき「宇多田ヒカル」は単なる歌手を超える存在になることを確信するのです。


ULTRA BLUE ULTRA BLUE

アーティスト:宇多田ヒカル
販売元:東芝EMI
発売日:2006/06/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »