« BraveBook:「明治・大正・昭和をめぐる東京散歩」 | トップページ | BraveBook:サライネス「誰も寝てはならぬ」 »

2007/05/04

BraveBook:鈴木敏文の「商売の人間学」

図解 鈴木敏文の「商売の人間学」―なぜ、買うのか売れるのか

あまりノウハウ本や経営本などは読まないのですが、ある人から強い推薦があったので手に取ってみました。

題名は「なんだかな」なのですが、内容はなかなかのものなのです。
コンビニ一人勝ち状態のセブンイレブン社長の商売哲学、特に「お客様」についての蘊蓄(うんちく)が満載で、現代日本人論・日本文化論としても楽しめます。

鈴木氏本人が書いたものではありません。講演などのエッセンスを図解を多様してごく簡単に解りやすく解説しているわけです。

うまく儲けるためのノウハウではなく、商売とは何なのかを実践的に解説しています。
一流の経営者に共通する「しっかりとした経営哲学」の一端を「のぞき見る」のに最良の一冊だと思います。


図解 鈴木敏文の「商売の人間学」―なぜ、買うのか売れるのか 図解 鈴木敏文の「商売の人間学」―なぜ、買うのか売れるのか

著者:勝見 明
販売元:大和書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« BraveBook:「明治・大正・昭和をめぐる東京散歩」 | トップページ | BraveBook:サライネス「誰も寝てはならぬ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/6088673

この記事へのトラックバック一覧です: BraveBook:鈴木敏文の「商売の人間学」:

« BraveBook:「明治・大正・昭和をめぐる東京散歩」 | トップページ | BraveBook:サライネス「誰も寝てはならぬ」 »