« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/25

BraveBook: D.A.ノーマン「誰のためのデザイン?」

誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論

普通に生活をしていて、普通に本屋などにいって、何となく手にすることが「ない」本があります。
新宿や神保町の大書店で特にあてもなく売り場の「平積み」の本を見て歩くのは、楽しいものですが、どうしても手にするのは今流行しているものや、お気に入りの作家のものになりがちです。
時間とお金が無限でない以上、なかなか未知の一冊を購入することはできません。
そのためにも、良い書評サイトを見つける必要があると思うのです。

「誰のためのデザイン?」(THE PSYCHOLOGY OF EVERYDAY THINGS)は、分野で言えば基礎心理学の棚に置かれている一冊ですが、内容はごくごく一般の人々を対象とした実に役に立ち魅力的な「学術書」なのです。
日本版の発行は1990年、30年近くも前の著書なのですが、今読んでも少しも古びることなく、実際の生活に基礎心理学(正確には認知科学)がどう役立つのかの一端を教えてくれます。

テーマは、解りにくく事柄や使いにくい物が、なぜ解りにくく使いにくいのかの原因を明確にすること。そして、どうすればよいのかを具体的に示すことです。

写真やイラストを使って示される実例は、どれもが「まったくそのとおりだよ」と共感を感じるものばかりです。
どのスイッチがどのコンロのものか分らないガスレンジ、何度読んでもよく解らないビデオの説明書、押すのか引くのかさえ分らない玄関ドアなどなど。

著書は丁寧にかつ的確に問題点を明らかにし、解決する方法を具体的に示して行くのです。

この本を読んで多くの人は、現在のハイテクとデザイン優先の物やシステムを使いこなせないのが、自らが「時代の乗り損なった」または「時代から取り残された」年寄りではないことに気づかされるのです。
悪いのは使う人ではなく、製品そしてデザイナーなのだと言う事がよく解るのです。

この本で最大の非難を受けているのが、当時のパソコン。
そうウインドウズが採用される前のMS-DOSパソコンなのです。
その使い難さと解り難さは、当時パソコンを使っていた方ならご承知のとおりですが、著者はその原因と理由を実に的確に分析し指摘しています。
今読んで、本当に凄いと思うのは、それを改善するための具体的指摘のあまりに的確なことです。
ウインドウズ95が発売されるのは、原著が発行された7年後です。
本書に書かれた改善案は、現在のXPに至るまでのパソコン用OSの進化を先取りしていると言って良いのです。
(実際には、マイクロソフトの関係者が本書の指摘を踏まえながら、技術と価格の厳しい制約のなかで、改善を図ってきたのが真実なのでしょうが)

たとれ基礎心理学などという地味な学問さえ、現実の生活をより良くする為に価値があるのだと本書から教えてもらいました。
学問は学問のためにあるのではない。
すべての人々の生活をより良く、より快適にするためにこそある。
いかにもアメリカ的な学問哲学を感じます。


誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論 誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論

著者:ドナルド・A. ノーマン,D.A. ノーマン
販売元:新曜社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/05/18

BraveGoods: CANON IXY DIGITAL 10

Canon デジタルカメラ IXY (イクシ) DIGITAL 10 ブラック IXYD10(BK)

ほんとうに久しぶりにデジタルカメラを購入しました。

デジタルカメラも500万画素を超えたころから、性能的には必要十分なものになって「壊れるまではこのままでいいかな」とIXY CIGITAL 500を使い続けていたのです。
代々キャノンのデジカメを使い続けていたのですが、500以降は記録メディアがCFカードからSDカードに変更になったのと、妙に流線型の凝ったデザインになってしまったことが買い換えを躊躇わせてきたのでした。

出会いは突然でした。
フルフラットでフルスクエアなデザイン。キャノン得意のツートーンカラー。カメラらしいファインダー付き。
ある意味で「先祖帰り」のこの「IXY DIGITAL 10」を久しぶりに「欲しい!」と思ったのです。

このゴールデンウイークに使い倒した感想は「満足!」でした。
ここ数年、デジタルカメラは確実に進化しています。
まず起動が早い。電源オンで即撮影可能です。
画像の記録も一瞬。動画を撮影してもすぐ次の撮影に入れます。
そして、バッテリーの持ちが凄い。モニターオフなら断続的に300枚を撮影しても、まだまだ残量充分でした。
そんなデジカメが3万円以下とは。
物作り大国、ハイテク日本万歳!なのです。


Canon デジタルカメラ IXY (イクシ) DIGITAL 10 ブラック IXYD10(BK) Canon デジタルカメラ IXY (イクシ) DIGITAL 10 ブラック IXYD10(BK)

販売元:キヤノン
発売日:2007/03/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する











| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/05/11

BraveBook:サライネス「誰も寝てはならぬ」

誰も寝てはならぬ 6 (6)

「大阪豆ゴハン」のサライネスが現在連載中が、今回ご紹介の「誰も寝てはならぬ」です。
 有名なオペラと同じ題名ですが、何の関係もありません。(笑)
登場するのは、やっぱり大阪人。しかも緩い職業代表のデザイン事務所が舞台。
舞台は、なぜか東京は赤坂です。
この独特の笑いの世界は「ご一読ください」としか言えませんが、個人的には一押し間違いなしです。

この漫画、とにかくマイペースなのですが、単行本の発行も至ってマイペース。
なんと半年に一冊しか発売されません。

売り上げも「僅少」(失礼!)なのか、中古市場にもほとんど出回りません。
ということで、ぜひ新刊をご購入ください。


誰も寝てはならぬ 6 (6) 誰も寝てはならぬ 6 (6)

著者:サラ イネス
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/04

BraveBook:鈴木敏文の「商売の人間学」

図解 鈴木敏文の「商売の人間学」―なぜ、買うのか売れるのか

あまりノウハウ本や経営本などは読まないのですが、ある人から強い推薦があったので手に取ってみました。

題名は「なんだかな」なのですが、内容はなかなかのものなのです。
コンビニ一人勝ち状態のセブンイレブン社長の商売哲学、特に「お客様」についての蘊蓄(うんちく)が満載で、現代日本人論・日本文化論としても楽しめます。

鈴木氏本人が書いたものではありません。講演などのエッセンスを図解を多様してごく簡単に解りやすく解説しているわけです。

うまく儲けるためのノウハウではなく、商売とは何なのかを実践的に解説しています。
一流の経営者に共通する「しっかりとした経営哲学」の一端を「のぞき見る」のに最良の一冊だと思います。


図解 鈴木敏文の「商売の人間学」―なぜ、買うのか売れるのか 図解 鈴木敏文の「商売の人間学」―なぜ、買うのか売れるのか

著者:勝見 明
販売元:大和書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »