« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/12

日本が危ない:安倍首相辞任、その無責任さを危惧する

安倍首相が突然辞任した。

参議院選挙の大敗後、政権に固執し1ヶ月もの国政の空白を作った責任を放棄して。

衆参与野党逆転の国会の運営を打開する何らの交渉も準備も行わないまま、民主党小沢党首に会談を拒否されたと、子供のような理由で。

テロ特措法を国際公約であり職責を賭して継続を図ると宣言しながら、具体的に何の努力もしないままで。

テロ特措法を参議院が否決した時、衆議院で強行再議決した時、あらゆる努力の結果廃案になった時、解散総選挙も辞任の時期も十分あるこの時期に。

安倍首相の「責任」という言葉の使用法には、常に違和感があった。
日本語の単語としての意味が根本的にわかっていない、そんな違和感である。

戦前のレジュームで育った日本人は「責任」の意味がわかっていた。
重職にある者が責任を認めることとは、すなわち「死」を意味していた。
欧米人が驚嘆し恐怖した「切腹=腹切り」の美学である。

安倍首相の辞任は、その対極である「無責任」そのものである。

戦前のレジュームが「責任」を尊び死を持って責任をとることを「美」とする哲学であったなら、「無責任」を生み育んだのは戦後レジュームに他ならない。

「戦後レジュームからの脱却」を公約として誕生した安倍首相が、戦後レジューム最大の欠陥である「無責任」それの具現者であったことの衝撃は大きい。
戦後レジュームの60年間が育てた、これからの日本を支える若き人材が同様な「無責任」さを持っていることを確信するからである。
自らが責任を負うことを嫌い批評・批判するばかりの人々、責任の意味がわからず責任のとり方も知らない人々の国。そんな日本に未来はあるのか?

最後に、戦後レジュームで育った若者達のために「責任」の意味を辞書で確認しておかなければならないだろう。
(大辞泉から)
1 立場上当然負わなければならない任務や義務。
2 自分のした事の結果について責めを負うこと。特に、失敗や損失による責めを負うこと。
(大辞林から)
1 自分が引き受けて行わなければならない任務。義務。
2 自分がかかわった事柄や行為から生じた結果に対して負う義務や償い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »