« 東京写真蔵:渋谷センター街 2001/01/07 | トップページ | 東京写真蔵:浅草ほおずき市 1999/07/10 »

2007/10/31

BraveBook:鶴見紘「白洲次郎の日本国憲法」

白洲次郎の日本国憲法 (知恵の森文庫)

      

買ったきっかけ:
戦後日本から消滅したものに「貴族」があります。
戦前レジュームを考えるとき貴族の存在を無視することはできません。逆に言えば戦後レジュームとは貴族のいない大衆のみが生み出した体制だからです。
貴族とは、単なる金持ちとは違う存在だったように思われます。
そのことは今も貴族制度がある英国の政治環境を学ぶとよく解ります。国に責任を持つ階層、そんな貴族像があります。
戦前日本が生み、戦前日本を支えた貴族とは何か?そんな観点から買ってみました。

感想:
戦後、日本国憲法が成立する過程で重要な役割を果たすこととなる白洲次郎の伝記です。
雑誌連載のため書かれたために、やや個性が誇張され事実が歪められた感はあります。
大衆と成り上がりばかりしか居ない戦後日本とは異なる人生を歩んだ白洲次郎。
前半生は多くの皇族・貴族の標準的な人生と共通する人生。後半生は終戦と社会の大変革に翻弄された人生。ドラマチックです。

おすすめポイント:
生まれながらに生活に苦労しないことを約束された人種。望み考えたことを、そのとおりに実行することができる人種。私利私欲が意味をなさない人種。
そのような人種すなわち貴族が、正しく国を憂い導くなら、それはそれで良いのかも知れません。
ローマもそのようにして千年帝国を築いたのですから。

白洲次郎の日本国憲法 (知恵の森文庫)

著者:鶴見 紘

白洲次郎の日本国憲法 (知恵の森文庫)

|

« 東京写真蔵:渋谷センター街 2001/01/07 | トップページ | 東京写真蔵:浅草ほおずき市 1999/07/10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/8406811

この記事へのトラックバック一覧です: BraveBook:鶴見紘「白洲次郎の日本国憲法」:

« 東京写真蔵:渋谷センター街 2001/01/07 | トップページ | 東京写真蔵:浅草ほおずき市 1999/07/10 »