« 105円の本達:石原慎太郎「老いてこそ人生」 | トップページ | 105円の本達:メアリー・C・モリソン「人は老いるにつれて何を手に入れるのか」 »

2007/11/09

東京写真蔵:大川端 1999/08/15

隅田川の河口、佃島を見渡すあたりを大川端と言います。
古く江戸時代、千石船が多数停泊する風景が浮世絵にも残ります。

明治維新後、石川島は造船所で殺風景な眺めでしたが、バブル時代の再開発で超高層マンションが林立する新しい風景が出現しました。

1999年、まだ建設中のビルもあって、高層ビルも少ない街並みです。
振り返れば永代橋。
こちらは今も変わりません。

富岡八幡の祭のこの日。
台風直後で川は増水して濁っています。

大川端 1999/08/15

|

« 105円の本達:石原慎太郎「老いてこそ人生」 | トップページ | 105円の本達:メアリー・C・モリソン「人は老いるにつれて何を手に入れるのか」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/8386281

この記事へのトラックバック一覧です: 東京写真蔵:大川端 1999/08/15:

« 105円の本達:石原慎太郎「老いてこそ人生」 | トップページ | 105円の本達:メアリー・C・モリソン「人は老いるにつれて何を手に入れるのか」 »