« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/30

横浜「絹の道」物語 3

2 横浜が独占する生糸貿易

当初試行錯誤があった輸出品だが、まもなく茶そして生糸が横浜では圧倒的割合を占めるようになった。

生糸の産地は信州から上州にかけての山間部である。外国貿易が禁止されていた江戸時代にあっては、集荷された生糸は主に上方(関西)に送られて絹織物に加工されていた。その南端にあって集荷・加工の重要拠点であったのが八王子である。上州方面からは中山道で、信州方面は甲州街道経由で、秩父方面から大小の陸路で、八王子に集荷された生糸は江戸湊に送られ、大型廻船に水路で上方に送られていたのである。

八王子と横浜は地図で確認すると意外にも近い。横浜と江戸・日本橋そして八王子をそれぞれ線で結ぶと、ほぼ等距離の30キロほどである。一方で八王子と日本橋は40キロ近くある。
横浜開港により生糸が有力な貿易品とわかると、八王子から生糸は横浜に直送されるようになったのである。

八王子には生糸の市場があった。そこで生糸を買って横浜に持ち込むのである。商品経済が成熟していた江戸末期の市場では生糸の売買は実質的に自由である。横浜で一儲けしようと思う投機的商人が多数登場し、事実として生糸貿易で莫大な富を築いていくのである。
生糸(絹)は、重量あたりの単価が高く利幅の厚い商品として、輸出入双方にとって魅力的な商品であった。

続きはこちらからお読みください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/23

横浜「絹の道」物語 2

Ⅰ 横浜開港 〜「絹の道」の誕生と横浜八王子文化圏の隆盛〜

A 横浜開港と生糸貿易

  1 横浜の開港

安政5年、日米修好通商条約が締結され、日本は長い鎖国を解いて世界に窓を開いた。当初開港した五つの港のうち、江戸に最も近いのが横浜であった。条約では東海道・神奈川宿が開港場とされていたが、実際に開港されたのは神奈川とは浅い湾を挟んで対岸の一寒村の埋立地である。

神奈川宿は東海道の主要な宿場の一つであるとともに、八王子・町田など神奈川内陸と江戸湊を結ぶ水運の拠点でもあり、幕府にとって重要な地点であった。その湊を外国船に開放することは防衛上も好ましくないことから、新たに東海道筋から遠くはなれた埋立地を造成し開港場としたのである。その発想が、長崎に出島を築き外国船を隔離した江戸初期と全く変わっていないことは面白い。

神奈川湊には開港場の代わりにお台場が築かれた。開港場・横浜に入港する外国船をいざという時に砲撃する西洋砲を備えた近代的なものである。ちなみに、戦前の埋立て事業で陸地に取り込まれた神奈川台場は、小さな公園の一画にわずかに石垣を残すのみである。

横浜開港場は、立寄る外国船に食糧や水など補給するだけでなく、東洋の珍しい物産を求める諸外国の貿易商人を多数集めて急速に発展した。
横浜には欧米諸国の貿易船が多数来航し、活発な貿易活動が展開された。欧米諸国にとってアジア貿易は利幅の大きい魅力的なものであったし、日本の商人達にとっても飽和し停滞した国内商業とは異なり、成功の大きなチャンスがあった。

続きはこちらからお読みください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/10

横浜「絹の道」物語 1

横浜の北、丹沢に連なる丘陵地に沿って、横浜から日野・八王子そして遠く秩父へと至る街道がある。通称を「浜街道」、横浜へと至ることから名付けられた街道である。

浜街道の歴史は新しい。幕末、横浜開港とともに絹の輸出のため往来が急増した「絹の道」なのである。

現在の国道16号線に概ね重なる旧道の道筋は、多摩ニュータウンを始めとする都市化によって、今やほとんどは辿ることが出来ないほど失われている。八王子の南、鑓水峠のごく一部が偶然にも奇跡的に自然公園として、往年の姿をわずかに残すばかりである。

.....つづきはこちらでお読みください。トラックバックからもお読みいただけます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/08/08

横浜「絹の道」物語を始めます。

幕末から明治にかけて、八王子から横浜へ生糸を運んだ道がありました。

「浜街道」別名を「絹の道」

横浜開港とともに隆盛を誇り、明治10年代には消滅してしまった道です。

その道は調べれば調べるほど、歴史の闇に埋もれてしまった「歴史の真実」が明らかになりました。

本当なら本格的な論文に仕上げて発表したいと思うのですが、仕事を持つものにとって緻密で詳細な資料収集や検証は、なかなか困難なのが現実です。

まずは現在までの研究成果を踏まえて、不足する資料や文献を仮説と想像で補うことで、横浜「絹の道」の謎を多くの人に問題提起する物語を始めることにしました。

物語は、幕末の横浜開港から突然の終焉を迎える明治17年までの約50年間。
激動の時代、横浜の隠された歴史を語っていこうと思います。

このブログのほかに「横浜散歩」を運営していますが、両方に同じものをアップするのもどうかと思い、全文は「横浜散歩」に掲載し「すばらしき新世界」には新規掲載時にサワリとリンクをアップすることにしました。

掲載は不定期になりますが、いずれ目次も整理して提供していく予定です。

横浜「絹の道」物語をお楽しみください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »