« BraveGoods:理想の椅子探し2 | トップページ | 横浜「絹の道」物語 1 »

2008/08/08

横浜「絹の道」物語を始めます。

幕末から明治にかけて、八王子から横浜へ生糸を運んだ道がありました。

「浜街道」別名を「絹の道」

横浜開港とともに隆盛を誇り、明治10年代には消滅してしまった道です。

その道は調べれば調べるほど、歴史の闇に埋もれてしまった「歴史の真実」が明らかになりました。

本当なら本格的な論文に仕上げて発表したいと思うのですが、仕事を持つものにとって緻密で詳細な資料収集や検証は、なかなか困難なのが現実です。

まずは現在までの研究成果を踏まえて、不足する資料や文献を仮説と想像で補うことで、横浜「絹の道」の謎を多くの人に問題提起する物語を始めることにしました。

物語は、幕末の横浜開港から突然の終焉を迎える明治17年までの約50年間。
激動の時代、横浜の隠された歴史を語っていこうと思います。

このブログのほかに「横浜散歩」を運営していますが、両方に同じものをアップするのもどうかと思い、全文は「横浜散歩」に掲載し「すばらしき新世界」には新規掲載時にサワリとリンクをアップすることにしました。

掲載は不定期になりますが、いずれ目次も整理して提供していく予定です。

横浜「絹の道」物語をお楽しみください。


|

« BraveGoods:理想の椅子探し2 | トップページ | 横浜「絹の道」物語 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/22722168

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜「絹の道」物語を始めます。:

« BraveGoods:理想の椅子探し2 | トップページ | 横浜「絹の道」物語 1 »