« BraveBook:アダム・スミス「国富論 下」 | トップページ | BraveGoods:理想の椅子探し3 »

2008/11/22

BraveGoods:Apple iMacはやっぱり一押し!

随分と久しぶりに新しいパソコンを買いました。
もちろんMac。やっぱりMac。

現在販売中のMacのCPUはintel製で、PCユーザーがどうしてもWindowsが使いたいなら、それもOKの「バイリン・パソコン」です。
どうぞPCユーザーの読者の方も、このブログを参考に購入をご検討を!

購入したのはスタイルはそのままでアルミボディーに生まれ変わったiMac20インチ。
PCと違って、マックの製品ラインは何といってもシンプル。入門機のiMacとMacBook。プロ仕様のMacProとMacBookPro。軽量モバイルのMacBookAir。微妙な小型機MacMini。
それぞれにCPUなどが異なった数種類があるだけです。
そのシンプルさも、パソコンはハードウェアではなくOSだと考える多くのマックユーザーの支持するところなのです。
Macの凄いところは、数年前のハードウェアでも基本的に最新OSを購入すれば、問題なく動作してしまうこと。
従って3年ぶりにiMacを買うにも関わらず、現在使用中のMacMini2台は最新のLeopardが立派に動作していて現役なのです。

今回新Macを購入した直接の理由は、MacMiniのハードディスク容量がいかにも限界になってきたことです。もちろん外付HDを増設済みですがiTunesに次々と蓄積されているビデオポッドキャストやTV番組の容量は増加する一方で、ライブラリーを分割できないことから、どうしても新しい大容量HDが必要となったことから。
何しろオールインワンの最新iMacは性能に比べて値段が格安です。PCとの速度比較は単純ではありませんが、現在のMacMiniの2倍は早いCPUで500GBのHDが付いたモデルでも約17万円で購入できてしまいます。
液晶は20インチでスーパードライブ内蔵、キーボードもマウスも付いていて、追加購入するものもありません。
そんな最新機種が20万円以下とは! 一式40万円近くしていた10年前を知るものにとって、何とも良い時代になったものです。

さて、Macの凄さはまだまだあります。
もともとセットアップ作業はPCと比較できないほど簡単なMacOSなのですが、最新のLeopard環境では驚異的な状況になっています。
既にMacユーザーでLeopard環境を使用中ならば、セットアップはほぼワンクリック状況です。
新しいiMacを箱から出して電源に繋ぐ。起動ボタンを押して数回マウスをクリックして、今使っているマックとFireWireケーブルを繋ぎ数回クリック。それだけです。それだけで、ユーザーやネットワークなどの各種設定はもちろん、使用中のファイル・アプリケーションまで、あらゆるものが完全にコピーされてしまいます。
まさに購入した直後から、さっきまで古いMacで行っていた作業をそのまま継続できる。それが最新のMacOSが実現した驚異の世界です。
しかもLeopard環境の自宅のMac同士では、あるMacから別のMacを遠隔操作することが可能。「画面共有」と命名されていますが、LAN環境で接続されていれば別のMacのデスクトップをそのままウインドウで表示でき、あらゆる操作が可能。例えば別室のMacで動画処理をしている間に、別のMacでブログを更新する。その途中で動画処理中のMacの画面を見て処理状況を確認することや、新たな作業操作をすることまで可能なのです。言葉では解りにくいですが、まさに完全な遠隔操作ができる驚異的な技術なのです。
さらに先頃「MobileMe」と改名した「.Mac」インターネットサービスに加入していると、自宅で使用中の複数のLeopard環境を完全に共有することも可能です。
すなわち、どのMacでも常にDockに登録されているアイコンもブックマークも完全に同一。あるMacで新しいブックマークを登録すれば、ほぼ直後に別のMacも更新されている。これも想像以上に便利な機能なのでした。

新機種の購入を機に新たに勉強し直してみると、LeopardとなったMacOSは飛躍的に進歩していました。
既にMacユーザーの方にも、iPodは持っていてもMac購入をためらっているPCユーザーの方にも、Macの最新ハードウェアとOSの購入を強く推奨するのです。
今時流行に5万円ノートなどの購入より、確実に満足することを責任を持って保証いたします。

ちなみに購入はアップルストアがお薦めです。理由は簡単、カナ文字のないUSキーボードへの交換やHDの容量アップなどが自由に出来るから。PCユーザーの方には信じられないことでしょうが、Macユーザーはほとんどパソコンの中を見ることなどありません。そこはAppleも良くわかっていて最新機種のほとんどは特殊の工具などがなければ、そもそも筐体を開くことさえできないのです。従って購入する際には、この先数年間を良く考えて余裕のある仕様で購入することが重要なのです。間違いなく動作しメーカー保証も付くアップルストアを利用するのが、いろんな意味で最良の選択なのです。


|

« BraveBook:アダム・スミス「国富論 下」 | トップページ | BraveGoods:理想の椅子探し3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/24932387

この記事へのトラックバック一覧です: BraveGoods:Apple iMacはやっぱり一押し!:

« BraveBook:アダム・スミス「国富論 下」 | トップページ | BraveGoods:理想の椅子探し3 »