« BraveGoods:理想の椅子探し3 | トップページ | BraveGoods:理想の椅子探し5 »

2008/12/06

BraveGoods:理想の椅子探し4

どのアーロンチェアを選ぶべきか?
サイズが決まったら、次は機能での選択になります。
まずは背もたれの仕様です。アーロンチェアにはランバーサポート仕様とポスチャーフィット仕様の2つがあります。

ランバーサポート仕様は昔からの仕様で、背もたれに腰を支えるパットが差し込まれている仕様です。
位置を上下させることと、裏返すことで厚・薄2つのパット厚を選ぶことが可能です。調整範囲が広いため、納得の位置決めができると思います。

ポスチャーフィット仕様は最新の仕組みです。右側のダイヤルを操作して、腰を支えるプラスティック板を前後に微調整できるのです。
いかにもアメリカ人が好きそうな人間工学的デザインのプラスティック板は座面近くに固定されていて、前後にのみ調整ができます。何とも表現しにくいのですが、腰と言うよりは尻の上部を後ろからグッと前に押し出されるような感触です。
調整範囲は意外に狭く、背もたれに背中をつけて椅子に深く腰掛けないと効果を感じられない程度です。

アーロンチェアに限りませんが、機能性チェアを生かすには体にあったサイズに椅子で、高さを良く調整することが重要です。椅子に深く腰掛けて、座面の全面と背もたれが均等に体に接触していること。これが重要です。
特に腰回りは微妙なので、背もたれを上手く調整しておかないと効果が実感できません。

この2つの仕様の値段差は僅か。ポスチャーフィット仕様の製品が多く出回っていますが、ランバーサポート仕様のほうがしっくり来る人も多いと思います。



|

« BraveGoods:理想の椅子探し3 | トップページ | BraveGoods:理想の椅子探し5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/25587944

この記事へのトラックバック一覧です: BraveGoods:理想の椅子探し4:

« BraveGoods:理想の椅子探し3 | トップページ | BraveGoods:理想の椅子探し5 »