« BraveGoods:理想の椅子探し6 | トップページ | 謹賀新年 »

2008/12/29

BraveGoods:BOSE社製「FreeStyleⅡ(FS-321Ⅱ)」

このブログで報告したことがある液晶テレビ代わりのDELL社製液晶モニタの音声が故障して久しい。とりあえずアンプ付スピーカーを接続して代用していたが、DVDで映画などを見るにはいかにも貧弱で実に情けない環境に耐えていた。

年末、少ないながらもボーナス。とのことで、この音響環境の改善に取り組んだ。
まもなく地上波デジタルが本格稼働の今、大画面液晶テレビの購入はペンディングとして、外付5.1chサラウンドシステムが第一候補。

ネットと大型家電量販店をリサーチすること1週間(早!)。結論は、BOSE社製「FreeStyleⅡ(FS-321Ⅱ)」 ウーハー1・ツイーター2で構成される世に言う2.1chサラウンドシステムです。本格的5.1chシステムは配線やセッティングが複雑で視聴範囲が制約されるなど、まだまだ「発展途上」の印象です。
それに引き換え2.1chシステムはずっと手軽で制約少なめなのでした。

とは言ってもそこはBOSE。ただの2.1ではありません。小さなツイータースピーカーには各2個のスピーカーが搭載され各々が別アンプで駆動される。BOSE社独自の3・2・1システムの本格的5.1chシステムなのです。すなわち3つのスピーカーに計5つのスピーカーが搭載され、その僅かな位相差によって5.1chと同様の効果を生む至って先端的システムなのです。

上位機種にはDVDプレーヤーやHDシステムが組まれていますが、肝心のサウンドシステムは同一です。あえて最廉価のFreeStyleⅡを選んだ理由は、この機種だけが光入力が2系統あったからなのです。数ある5.1chシステムでも、まだまだ普及途上の光入力を2系統用意しているシステムは多くはありません。なぜかFreeStyleⅡだけが光2・アナログ1の3系統が用意されていたのでした。

なぜ光2系統かといえば、今や標準装備のDVDプレーヤーはともかく、現行のマックには光出力が標準装備されているからなのです。
ヘッドホン端子と共用なので一部で誤解されているようなのですが、MacMiniにもMacBookにも全てのモデルが標準で光音声出力が搭載されていて、高音質の音声出力が可能です。
常時MacとDVDプレーヤーを自由に切り替えながら、DVD再生が可能となるのです。

さて、肝心の音質などですが、これこそBOSE!で大正解でした。
よくこんな音がと思うほど高音から重低音まで再生されるばかりでなく、スピーカー幅を軽々と乗り越えて、約180°の範囲のサラウンド再生が可能です。
さすがに本格システムのように360°を自由に音が飛び回るようなわけにはいきませんが、思った以上に広がりがある音空間が生み出されています。

最後に凄いと思ったことを一つ。
システムそのものは多機能リモコンのみで操作可能なのですが、数あるボタンのうちでFreeStyleⅡを操作するのはたった2つ。FreeStyleⅡの電源ON/OFFと音量調整しかないことなのです。
他のボタンは全て接続されたプレーヤーやテレビを操作するために用意されたものなのです。
すなわち、FreeStyleⅡはたった一つの標準設定のみでハリウッド映画からコンサートまであらゆる音環境をサラウンド再生してしまうのです。一般に高級サラウンドシステムでも、音声中心・音楽中心・映画などでモード切替えをすることが一般的です。それだけ、サラウンド環境の再生は難しいわけで、どうしても自動設定はできないものなのです。
そこをあえて単一設定のみとするところが、BOSE社がいかに3・2・1システムに自信をもっているかの現れといえるでしょう。(決してコスト削減のための簡略化ではありません)

将来、最新鋭の音響システムに主役を譲ることがあっても、FreeStyleⅡは末永くMac用などのサブシステムとして利用することができそうです。
そんな優れたシステムが7万円ほどで入手できる21世紀に乾杯です!!

|

« BraveGoods:理想の椅子探し6 | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/26612377

この記事へのトラックバック一覧です: BraveGoods:BOSE社製「FreeStyleⅡ(FS-321Ⅱ)」:

« BraveGoods:理想の椅子探し6 | トップページ | 謹賀新年 »