« BraveDVD: 「BAYSIDE SHAKEDOWN2 踊る大捜査線 THE MOVIE2」 | トップページ | BraveDVD: 「ブレードランナー BLADE RUNNER」 »

2009/02/13

BraveDVD: 「タイタニック TITANIC」

感動的な美しい歌声のテーマソングが、すぐ思い浮かぶ映画といえば「タイタニック」でしょうか。
そして、艦首の手すりに両手を広げて「空を飛ぶ」カップルの姿。

洋画のDVDは本当に安いのです。
全世界を市場にしているがゆえの量産効果と、様々な付加価値を加えてのリセールの結果なのですが、「タイタニック」も美しい装丁と特典ディスクが2枚もついたアルティメット・エディション盤が、特売とはいえわずか1000円で売られていました。

DVD版の特徴といえば、劇場公開時とは異なった編集がされたディレクターズカット版やオリジナル全長版が収録されていること。
今回購入した「タイタニック」も本編3時間以上(195分)の超全長版なのです。

公開時に一度見た映画ですが、改めて全長版を見るとまるで別の映画です。
随分と前で細部の記憶があいまいになっていることも多少はあるのでしょうが、ストーリー展開など脚本が思った以上に良く練られていることを感じるのです。
「お嬢様とアイルランド移民のラブストーリー」との印象ばかりが強かったのですが、その背景にある「格差社会」と新旧貴族階級の奢り、その象徴としての豪華客船タイタニック。その沈没が象徴する「最後の審判」。
即物的な合理主義でありながら、キリスト教の影響から完全には離れられないアメリカ人に向けたジェームス・キャメロン監督のメッセージが込められた映画と言えるでしょう。

沈没寸前、垂直に持ち上がるタイタニックの後部甲板。
そこから力つきて次々墜落していく船客達。
あえて俯瞰で撮られた画面は、システィナ礼拝堂の「最後の審判」そのものです。
凍るような暗い海に投げ出された船客。
ようやく救助に戻ったボートの乗員の電灯に照らし出される「無数の凍り付いた死者の顔」の静かなメッセージ。

タイタニックの沈没現場を訪れた老婦人が、思い出の巨大なダイヤのネックレスを海に投げ入れてしまう意図は何だったのか?

 

特典ディスクに収録された削除シーン(DelatedScines)を併せて見ると、監督がこの映画で伝えたかったメッセージがより鮮明になっていきます。

たかが子供向きのマンガ程度の存在であったアニメ映画を「哲学的主題をも扱う」存在にしていまう日本人の感性からは、やや即物的すぎる感じは否めませんが、日本の同盟国アメリカの人々の物の見方や考え方が理解できると思えば、それはそれで良いのでしょう。

最新作ばかりをレンタルしてしまいがちですが、時を超えてあらゆる時代の人々に普遍的なメッセージや感動を伝えてゆくのが「名画」の名画たる所以です。
多少疑問があっても1000円なら、それを自ら確かめる価値があるでしょう。
ちょっぴり前の話題作。そんな鑑賞方法も試してみてほしいのです。

|

« BraveDVD: 「BAYSIDE SHAKEDOWN2 踊る大捜査線 THE MOVIE2」 | トップページ | BraveDVD: 「ブレードランナー BLADE RUNNER」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/27887747

この記事へのトラックバック一覧です: BraveDVD: 「タイタニック TITANIC」:

« BraveDVD: 「BAYSIDE SHAKEDOWN2 踊る大捜査線 THE MOVIE2」 | トップページ | BraveDVD: 「ブレードランナー BLADE RUNNER」 »