« 2010年1月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/29

MacLife:iPadの素晴らしさ

iPadの素晴らしさについては、新聞や雑誌にあまりに「的確」に紹介されていて、このブログで何を紹介できるのか。

考えることしばし、ちょっと目先を変えて、あまり紹介されることのない「パッケージング」の素晴らしさをご紹介します。

最近のアップル製品全般に共通することですが、アップルの製品を購入するたびに感じることは「魅力的で実に簡単に使えるものだ」と感じさせるように、細やかな工夫が梱包から説明書まで一貫してなされていることです。

他社の製品の梱包や説明書が、共通して実に雑多な写真や説明文、注意書きにあふれていることと、あまりに対照的なのがアップルなのです。

宅急便の無地の段ボール箱を開封すると、iPadを梱包した真っ白な箱が現れます。
贈答用の高級菓子が入っているような、いかにも丁寧に作られた箱の上蓋は、起動直後のiPadの画面のフルカラーの写真のみ。
側面は銀色のアップルマークが2面、黒字の「iPad」が2面。
ただ、それだけなのです。
自らが購入した製品の外装である以上、それ以上の情報は不用。そんな当たり前の思想がそのままデザインされています。

上蓋を引き上げるように取り去ると、まさに未起動のiPadが突然現れます。
この瞬間、製品が確かに手元に届いたのだと直ちに実感できるのです。
iPadを手にとり、じっくりと確認したのは私だけではないでしょう。

箱は「上げ底」になっています。これも「製品の価値」を具体的に感じさせる為の絶妙な工夫なのでしょう。もし、iPadがわずか数センチの厚みの箱に入っていたら感動と満足感が若干損なわれていたに違いありません。

iPadの下には、無地の洋封筒が一つ。
開いてみると、わずか1枚のマニュアル。
表面は「iPad」の文字と起動直後の写真。iPadのわずか4つのボタンの簡単な説明、ただそれだけです。
裏面は2段落のわずかな説明文が。

第1段落
「設定して、同期して、充電する
1 www.itunes.com/jp/downloadにアクセスし、最新版のiTunesをダウンロードして、お使いのMacまたはPCにインストールします。
2 同梱のケーブルを使用して、お使いのコンピュータのUSBポートにiPadを接続します。
3 iTunesで表示される画面の指示に従ってiPadを設定し、お手持ちの音楽、ムービー、テレビ番組、アプリケーション、写真などを同期します。iTunesStoreから音楽、ビデオ、その他のコンテンツを購入することもできます。また、AppSroreで提供されている10万以上ものラインアップからアプリケーションを選べます。」
第2段落には、さらに詳しい情報を得る方法が10行ほど。

これが、iPadを使い始めるための「必要かつ十分な説明」なのです。
どんなに機械が苦手であると自覚している人でも、この説明を読んで難しいと感じることはないはずです。
こんな配慮ができる会社は、残念ながらアップルをおいて他にはありません。

最近購入したPC、できればMacさえあれば、iPadを使い始めるまでには、あと10分もかかりません。

今朝から、使い始めたMy iPadは、このブログを書いている横で、iPadの発売を誇らしげにプレゼンテーションするスティーブ・ジョブスの映像を再生中です。

アップル社とジョブス、そしてiPadの未来に栄光あれ!

アップル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacLife:iPad! Pad! Pad!

28日、iPadがついに発売になりました。

インターネットで予約してあったiPadも、しっかりと28日の午後に配達されてきました。
最近のアップルの、このような「律儀さ」に好感度を持ちます。

すでに、新聞を含む大手マスメディアや雑誌には、実に多くのレビューが掲載していて、ハードウェアからソフトウェア、操作性や革新性、将来性まで、今さらこのブログでレポートするまでもない状況です。
どれもプロの書き手によるものだけに、実にポイントを押さえていて、とても参考になることばかり。
しかも、いずれも好意的で批判的な記事はほとんどありません。
決して「提灯記事」でも「御用記事」ではなく、記者達の素直な感動が伝わってきます。

 

参考に新聞の特集記事などのURLをのせて見ましたので、ぜひご一読を。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100529-OYT1T00026.htm

http://mainichi.jp/life/electronics/graph/20100128_2/

http://mainichi.jp/select/biz/news/20100529ddm008020114000c.html

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100527/biz1005272125038-n1.htm http://www.asahi.com/digital/av/TKY201005280519.html

http://www.asahi.com/topics/iPad.php

http://www.nikkei.com/tech/business/article/g=96958A88889DE2EAE0EAE0E6E2E2E0EAE2E7E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;p=9694E3EAE3E0E0E2E2EBE0E4E2E2

※うまくリンクされていなければ、カットペーストでブラウザで表示してください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/28

BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 1」

「ジパング」を第1巻から再読中です。

連載開始は、もう10年も前になる2000年。
世論の反対のなか、南米エクアドルに出航する「みらい」ほかの自衛艦隊。

最新鋭艦のメカニカルで詳細ば描写、日頃見ることのない新鋭武装とそれを運用する隊員の行動。それだけでも、ちょっとワクワクした読者も多かったことでしょう。

ミッドウェイで、謎の雷雲に遭遇し、タイムスリップ。
突然の「大和」旗下の連合艦隊との遭遇。
ミッドウェイ海戦の目撃。
そして、草加(くさか)少佐の救命。

第1巻にして、一気に主な人物を登場させ、物語の骨格を提示してしまう、その手腕はさすがと言うしかありません。
すでに読んだことがあって、結論もわかっているのに、次巻への期待が高まってしまいました。

ところで、この10年。
戦後一貫して政権にあった自由民主党政権が瓦解し、民主党が政権党にある2010年。
「非武装中立」の社会党はすでになく、日米同盟は不動の既成事実であり、自衛隊の「海外出兵」は常態化し、「周辺事態法」はすでに国民的関心にはありません。
当面の最大の関心時は沖縄の米軍海兵隊基地の「存続を前提とした」移転先の決着とは。思えば「遠くへ来たものだ」と思わざるを得ないのです。

戦争経験者も戦前の軍国教育を受けた国民も多くは鬼籍に入り、現代日本を動かしている権力中枢にいる者が「戦争を知らない子どもたち」なのだと言うことを、改めて認識するべきなのでしょう。
「戦前軍国日本の侵略政策を繰り返すな」との主張も「占領政策により戦後日本人は精神的に堕落した」との主張のいずれもが、自らの体験に基づくものではなくなっているのが、2010年日本の現実だと言うことです。

「ジパング」を読み、「草加目線」で日本の今を考えて見る必要が、今後ますます重要になっていくように思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/21

105円の本達:景山民夫「普通の生活」

最近、これと言ったコラムニストがいなくなったと思いませんか。

あまりに長引く不況で雑誌の廃刊が相次いでいることや、
「駄文」や「つぶやき」が蔓延している「無料」のネットの普及が、決定的にプロの「物書き」を潰してしまった結果に違いありません。

今や国会議員の田中康夫、小説家の林真理子、酔っぱらって死んでしまった中島らも、今も現役の泉麻人、アメリカならボブ・グリーンなどなど。
いずれも、その時代を代表するような雑誌に、ほんの1ページか2ページの実に気の利いたコラムを毎週のように掲載していたものでした。

そこには失われた「プロの技」がありました。
時代を切り取る、そんなコラムの宿命ゆえに、ほとんどのコラム集はもはや絶版で新本を入手することはできないですが、BOOK OFFなどの古本屋では、わずか105円で埋もれるように売られています。

確かに書かれていることは、古めかしくなっている場合もあって、平成生まれの若者にとっては「遠い昔のなんかわかんない話」であるのも事実。

でも、本物のコラムは20年や30年では古びたりはしないものなのです。
そこには日本人の本質があったり、人間の営みの機微があったり、普遍の笑いや悲しみがあったり、時代を超えて読まれる価値があるのです。
日々の膨大な情報に流されることが多い今だからこそ、本物のコラムが読みたくなるのです。

前置きが、とっても長くなってしまいましたが、景山民夫もそんな一人。
放送作家から小説家へ転身した、どこか「ふわふわ」した印象の人なのですが、コラムニストとしての腕は確か。「人を見る」目は大したもので、今読んでも納得です。
しかも、しっかりと面白い!

時代の先端を走っていることを自覚していたためか、今や昔話でしかないコラムも多いので、購入にあたっては注意が必要。
1コラムを立ち読みして、これはと思ったら買ってください。
なにせ、缶ジュースより安いのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/14

BraveBook:原信田実「謎解き広重「江戸百」」

あまりにも有名な安藤広重の「江戸百景」
江戸の名所を生き生きと描き出した連作は、
現代人がイメージする江戸風景そのものです。
いや、むしろ広重の描いた浮世絵が、江戸の風景そのものを「定義」しているとさえ言えるでしょう。

名所絵としての基本をしっかり押さえながら、デフォルメされたその場所を象徴するシンボルが近景に配置され、いずれの版画も強力な印象が残ります。

そんな広重の「江戸百景」を豊富な知識と独自の視点の再評価してみせるのが本書です。
主な作品を取り上げて、その絵に隠された意図や背景を推理していくのです。

文章は少し固めで断定的ですが、書かれている内容は新鮮です。
なかには「?」と思う説もありますが、多くは「!」で面白くまとまっています。

巻末には描かれた場所(略図すぎて残念)、描かれた年ごとのフルカラーの版画(ちょっと小さいですが)も掲載され、なかなかの力作なのです。

観賞用には別の図集を求めるとして、ちょっとした蘊蓄(うんちく)話のネタとしてお薦めの一冊です。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/10

BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 43完結」

昨年末、ジパングがついに完結しました。
巻数なんと43!
まさに大河ドラマならぬ大河マンガそのものです。

太平洋戦争に自衛隊の最新鋭艦がタイムスリップ。
やもすれば陳腐になりかねない設定にも関わらず、
その後の展開は、いたって史実に忠実に、「超能力」や「怪しげな新兵器」が登場することもない科学的マンガに徹していたのです。

終盤の10巻ほどは、息の詰まるような心理劇が中心で、展開も遅く、どんな終わり方をするのかが心配だったのですが、そこはベテラン漫画家の力量。
しっかりと劇的に、きっちりと論理的に、実に納得の大団円でした。
ここでは、あえて内容の紹介はやめておきましょう。

以前にもご紹介したとおり、この物語の素晴らしさは、何と言っても「あの時代」の空気を見事に描ききっていることでしょう。

戦後日本の「トラウマ」とも言える、昭和初期からの軍事国家化と対外侵略政策の展開、実はその背景にある退廃的な風俗や国民の意思。
西欧諸国に並んだという国民の満足感と、植民地帝国を築き上げつつあった自国への誇りと奢り。
どんなに教科書を勉強しても、その時代を様々な立場で生きた当事者達の回想録を読んでみても、もう一つハッキリとしないそんな「時代」の雰囲気が、帝都東京での物語や満州帝国を舞台とする物語から、ひしひしと伝わってくるのです。

かといって、「あの戦争は間違っていた」とか「軍部の独走などなかった」などという政治的メッセージが含まれているわけではありません。
あくまで、娯楽作品として楽しめる。それでいて、年表や教科書では決して理解できない日本近代史を安心して学べる優れた「教科書」だと言えるでしょう。

これを機会に、改めて1巻から再読してみようと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/08

MacLife:ようやく予約開始のiPadです。

ブログ再開第一弾として「iPad」誕生をお知らせして、早3月!
ついに、ついに、日本での発売日が決定です。
5月28日。
予約開始はゴールデンウィーク開けの10日。
アップルホームページにようやく告知が掲載されています。

それにしても、ブログ更新がまた滞ってしまい本当に申し訳ありません。
なんだかんだと忙しくしていると手が回らず......
言い訳はともかく、今後こそまめな更新をしたいと思いますので、
今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年6月 »