« MacLife:iPad! Pad! Pad! | トップページ | BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 2」 »

2010/05/29

MacLife:iPadの素晴らしさ

iPadの素晴らしさについては、新聞や雑誌にあまりに「的確」に紹介されていて、このブログで何を紹介できるのか。

考えることしばし、ちょっと目先を変えて、あまり紹介されることのない「パッケージング」の素晴らしさをご紹介します。

最近のアップル製品全般に共通することですが、アップルの製品を購入するたびに感じることは「魅力的で実に簡単に使えるものだ」と感じさせるように、細やかな工夫が梱包から説明書まで一貫してなされていることです。

他社の製品の梱包や説明書が、共通して実に雑多な写真や説明文、注意書きにあふれていることと、あまりに対照的なのがアップルなのです。

宅急便の無地の段ボール箱を開封すると、iPadを梱包した真っ白な箱が現れます。
贈答用の高級菓子が入っているような、いかにも丁寧に作られた箱の上蓋は、起動直後のiPadの画面のフルカラーの写真のみ。
側面は銀色のアップルマークが2面、黒字の「iPad」が2面。
ただ、それだけなのです。
自らが購入した製品の外装である以上、それ以上の情報は不用。そんな当たり前の思想がそのままデザインされています。

上蓋を引き上げるように取り去ると、まさに未起動のiPadが突然現れます。
この瞬間、製品が確かに手元に届いたのだと直ちに実感できるのです。
iPadを手にとり、じっくりと確認したのは私だけではないでしょう。

箱は「上げ底」になっています。これも「製品の価値」を具体的に感じさせる為の絶妙な工夫なのでしょう。もし、iPadがわずか数センチの厚みの箱に入っていたら感動と満足感が若干損なわれていたに違いありません。

iPadの下には、無地の洋封筒が一つ。
開いてみると、わずか1枚のマニュアル。
表面は「iPad」の文字と起動直後の写真。iPadのわずか4つのボタンの簡単な説明、ただそれだけです。
裏面は2段落のわずかな説明文が。

第1段落
「設定して、同期して、充電する
1 www.itunes.com/jp/downloadにアクセスし、最新版のiTunesをダウンロードして、お使いのMacまたはPCにインストールします。
2 同梱のケーブルを使用して、お使いのコンピュータのUSBポートにiPadを接続します。
3 iTunesで表示される画面の指示に従ってiPadを設定し、お手持ちの音楽、ムービー、テレビ番組、アプリケーション、写真などを同期します。iTunesStoreから音楽、ビデオ、その他のコンテンツを購入することもできます。また、AppSroreで提供されている10万以上ものラインアップからアプリケーションを選べます。」
第2段落には、さらに詳しい情報を得る方法が10行ほど。

これが、iPadを使い始めるための「必要かつ十分な説明」なのです。
どんなに機械が苦手であると自覚している人でも、この説明を読んで難しいと感じることはないはずです。
こんな配慮ができる会社は、残念ながらアップルをおいて他にはありません。

最近購入したPC、できればMacさえあれば、iPadを使い始めるまでには、あと10分もかかりません。

今朝から、使い始めたMy iPadは、このブログを書いている横で、iPadの発売を誇らしげにプレゼンテーションするスティーブ・ジョブスの映像を再生中です。

アップル社とジョブス、そしてiPadの未来に栄光あれ!

アップル

|

« MacLife:iPad! Pad! Pad! | トップページ | BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 2」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/34934339

この記事へのトラックバック一覧です: MacLife:iPadの素晴らしさ:

« MacLife:iPad! Pad! Pad! | トップページ | BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 2」 »