« BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 3」 | トップページ | MacLife:美術工芸品としてのiPad »

2010/07/09

MacLife:iPad読書ノススメ

iPadを使いはじめて、早いものでもう1月
ずっと前から、使っていたように、今ではすっかり生活の一部になっています。

iPadについては、書きたいことが沢山あるのですが、まずは誤解の多い「読書のための機械としてのiPad」についてです。

残念ながら、2010年7月現在で期待されたiBooksStoreには、日本語書籍はほとんどなく、まるで見知らぬ国の洋書店に迷いこんだような気持ちになった方は多いと思います。
クリック一つで、日本語の新刊本が手に入るのには、まだしばらくかかりそうな様子です。

では、それまでiPadで「読書」ができないのか?
そんなことはありません。
いくつかの専用アプリで、本や雑誌を読むことができます。
まだまだ、発展途上で、操作性が悪かったり、掲載されているのが一部だけだったりと十分とは言えませんが、日に日に環境は良くなっていると思います。
いずれも、iPadのAppStoreアプリから、簡単に探すことができるので、ぜひ利用してみましょう。

その中でも、何といっても一押しなのが「SkyBook」です。
そこには、無数の明治から昭和初期までの名著が溢れているのです。
アプリも本も一切無料。
アプリをダウンロードしたら、「作品追加」ボタンをクリックして本をダウンロードする、そんな仕組みです。
写真やイラストはなし。従って容量も小さめで数百ページの本もあっと言う間にダウンロードが完了します。
とは言っても、通信料がかかる3Gではなく、Wi-Hiでの利用が良いでしょう。

実はこのアプリは「青空文庫」のiPad版なのです。
なぜアプリの名称を「SkyBook」としたのかは不明ですが、「青空文庫」なら知っている方も多いはず。
全ての本は、著作権の切れたものばかり、電子化作業は全てボランティア。それが全て無料の理由です。
でも、無料だからこそわざわざ購入したりしない、明治や大正の文豪達の名著を気軽に読めるのです。
学校の教科書で、ほんの一節だけ読んだことのある小説を、改めて読んでみるのは、思った以上に感動的な体験です。
また、多数のボランティアの方々が、個人的な趣味で電子化しているが故に、小説に限らず、今や絶版となった随筆やコラム、書簡などまでが読めるのも感動的。
名前しか知らない作家達の、人間性がわかったりして、100年たっても人間なんて一緒なんだななどと感慨にふけったりもできます。

横表示に対応していないなど、アプリケーションそのものの操作性は、ちょっと独特で慣れが必要なのですが、フォントやサイズ、紙の種類(!)までもが自由に設定できて、真に「読書」を楽しむことができるのです。
iBooksが軌道にのるまで、ぜひSkyBook読書を楽しみましょう。

ちなみに、iPadでの読書には書見台が最適だと思います。
もちろん、ソファーで横になって見るのも良いのですが、名作や名著を読むならば、しっかりと机に向かって読みたいもの。
スタンドでは、やや角度がありすぎて読みずらく、といってそのまま置いたのではやはり読みにくい。
自由に角度がつけられる書見台は本当に便利です。
個人的には、iPadというハイテク機器だからこそ、あえて木工製品で瀟洒な彫刻など施されたクラシカルなものが気分です。
アマゾンで検索しても、どうもピントくるものがないのが残念。
近いうちに、西荻窪あたりの骨董店などを探検してみようと思っているのです。


|

« BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 3」 | トップページ | MacLife:美術工芸品としてのiPad »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/35690228

この記事へのトラックバック一覧です: MacLife:iPad読書ノススメ:

« BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 3」 | トップページ | MacLife:美術工芸品としてのiPad »