« BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 13」 | トップページ | BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 15」 »

2011/06/26

BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 14」

米軍機の猛攻にさらされる「みらい」
「みらい」への被弾を防ぐため「海鳥」の機首を真下に向ける佐竹一尉
死を覚悟した「特攻」
一方、操縦不能になり「みらい」に向け真っすぐに墜落していくB−17
搭乗員の命を救うため、必死に操縦桿を引き上げ、衝突を回避するハットン中佐
同じ「死」でも、その意味するところは全く違います。

巻頭いきなりのクライマックス
日米の違い、特に国と国民の関係の違いは、作者かわぐちかいじ氏の関心の一つなのでしょう。
戦闘機や特殊艇による「国民の死」を前提とした「国家のための死」、「特攻」
それを「是」とし、「美談」とした大日本帝国とその国民
その思想を根本的に理解できなかったであろうアメリカ合衆国とその国民
太平洋戦争では、その「相互理解不能」が生み出した悲劇がいくつもあります。
そんな思想の違いを端的に描き出した名場面から、この巻は始ります。

日米終戦に向けたワシントンの思惑、「みらい」の運用を巡る艦幹部の思惑、南京での原爆製造の準備と、物語は足早に展開していきます。

巻末に阪神大震災での海上自衛隊の活動を描く外伝が掲載されています。
角松一尉と梅津阪神基地隊副長との出会い、二人の考え方の違いが上手く描かれています。
今回の東日本大震災では、海上自衛隊の活動はあまり目立ちませんでしたが、それが阪神大震災以降に陸上・海上両自衛隊の連携と一体運用が日常化した結果だと信じたいと思います。


|

« BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 13」 | トップページ | BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 15」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/40553350

この記事へのトラックバック一覧です: BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 14」:

« BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 13」 | トップページ | BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 15」 »