« BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 25」 | トップページ | BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 27」 »

2012/10/27

BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 26」

「大和」乗員で、原子爆弾を密かに積み込む準備を進める鴻上大尉。
米軍反攻部隊に新たに赴任する海軍作戦部のカーネル少佐。
今後の物語で重要な役割を担う2人が相次いで登場する本巻。
菊池三佐の情報収集により、原子爆弾の「大和」積載を確信する「みらい」。
いよいよ米軍によるサイパン上陸作成が始動する。

上陸作戦の成功は、制空・制海権の把握にある。日本軍による真珠湾攻撃の成功は、海軍の作戦展開の革新をもたらした。日米両海軍の空母部隊が集結するマリアナ諸島周辺海域。
草加少佐によって、世界初の原爆使用の「状況」が創出されていきます。


|

« BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 25」 | トップページ | BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 27」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46036/47156309

この記事へのトラックバック一覧です: BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 26」:

« BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 25」 | トップページ | BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 27」 »