« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012/10/27

BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 26」

「大和」乗員で、原子爆弾を密かに積み込む準備を進める鴻上大尉。
米軍反攻部隊に新たに赴任する海軍作戦部のカーネル少佐。
今後の物語で重要な役割を担う2人が相次いで登場する本巻。
菊池三佐の情報収集により、原子爆弾の「大和」積載を確信する「みらい」。
いよいよ米軍によるサイパン上陸作成が始動する。

上陸作戦の成功は、制空・制海権の把握にある。日本軍による真珠湾攻撃の成功は、海軍の作戦展開の革新をもたらした。日米両海軍の空母部隊が集結するマリアナ諸島周辺海域。
草加少佐によって、世界初の原爆使用の「状況」が創出されていきます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/20

BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 25」

曳航軍艦からの砲撃を間一髪でかわした「みらい」
他の乗組員とも合流し、草加少佐の描く「ジパング」とは異なる「未来の日本」の為に戦うという、新たな使命を自らに課す「みらい」
菊池三佐は帝都東京へ、戦艦大和では草加少佐の理想に共感する若手将兵による組織づくりが進行する。
大東亜会議で、海軍重鎮の米内大将と草加少佐と理想を共有する滝中佐が初めて出会う。滝中佐の自信に草加少佐の影を感じ、危惧を持つ米内大将。
米軍では「みらい」の存在が確信されていく。

引き続き新たな展開に向け、物語は様々な場所で展開を続けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/13

BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 24」

未だ孤島に監禁中の「みらい」乗組員。
サイパンに、補給物資に紛れて世界初の「原子爆弾」が到着する。
米軍による反攻作戦が本格化し、帝都東京では学徒動員の壮行会が行われる。
そんななかで「みらい」奪還作戦が発動する。
「みらい」がサイパンへと曳航される、まさにその日。
密かに艦内への潜入に成功していた隊員により「みらい」のタービンが再起動した。

「みらい」、米軍、帝国海軍、日本本国、サイパンで物語は目まぐるしく展開し、新たな局面を迎えようとしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/06

BraveGoods:究極のテレビボード

地上波デジタルへの全面移行を機に、リビングの液晶テレビを買い替えたのが昨年。
エコポイントもあって、随分と安かったので一気に大型のものを購入。
テレビそれ自体は、大いに満足なものの、それ以来気になっていたのがテレビを置く台。横幅がテレビより狭くて、いかにも不安定。しかも、棚が2段で扉もついているタイプで、高さもあって不便。

そこで、ようやく買い替えることに。

アマゾンで検索した結果、購入したのがこれ。
幅が1800mmで、上下2枚の厚い板(合板)をスモークのガラスで組み立てるだけのシンプルな構造です。
写真では分かりにくいですが、板には十分に上質な木目塗装が施され、目隠しされたキャスターも付いていて移動も簡単。
なにより、前にも後ろにも扉などがないため、増え続けるAV機器の設置や配線も簡単なのです。

何種類かの横幅がありますが、1800mmなら、両側の上面をサラウンド用スピーカーの置き場やコレクション展示スペースに有効活用できます。
高さも低くて、大型テレビでも見下ろすように設置できるので快適です。

さて、この「名も無い」メーカーのテレビ台は、複数で取扱いがあるようで、アマゾンだけでも、いろいろな名前で同一製品が販売されています。
値段もマチマチで、1万円程度から3万円以上まで、よく検索してご購入を。ちなみに、当時の購入価格は1万1千85円でした。
この値段なら、十分に納得できる製品です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »