« 2012年10月 | トップページ

2012/11/24

BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 30」


日米海軍による戦闘は本格化。日本軍による魚雷攻撃が米海軍を混乱させ、戦闘は長期化の様相を呈する。
「大和」では草加少佐と連携した将兵以外が戦闘糧食に混入された薬物により無力化。
鴻上大尉・野尻大尉により、夜戦艦橋ごと司令部を隔離することに成功。「大和」奪取が成功する。
「大和」からは艦載の水上偵察機が発進。
原爆の「目標」である米軍のサイパンへの上陸兵員を満載した輸送艦隊位置を捕捉。
「大和」は戦闘海域を離脱し、単独で輸送艦隊のいる北方へと転舵した。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/17

BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 29」


いよいよ日米両海軍本体による艦隊戦が開始。
史実では、日本帝国海軍が想定しながら、ついに実現することのなかった「艦隊決戦」
草加少佐の巧みなシナリオが、それを実現したのです。
しかも、一早いレーダーの実用化によって、圧倒的に不利な状況にある日本海軍に互角の戦いをさせるための仕掛けさえ周到に用意されています。
「みらい」資料室で将来の戦闘技術の変化までもを理解した草加少佐。
艦載機によりチャフ(電波妨害用の金属箔)を散布することで、米艦船のレーダーを無力化することで、双方が艦砲射撃可能なほど近接する状況を出現させてしまいます。
描きだされる戦闘場面はリアルそのもの。
仮想現実技術の進化とともに、安易に描かれることの多くなった戦闘場面の現実は、負傷者の血潮と破壊され混乱した戦闘空間そのものです。
空想の物語にあって、リアリティの追求を忘れることがない。かわぐち氏の描きだす物語は現実よりも生々しいのです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/10

BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 28」

史実ではマリアナ沖海戦で、日本帝国海軍は決定的な敗北を期し、以降敗戦まで展望のない消耗戦に突入します。
しかし、「ジパング」の世界では草加少佐の巧みなシナリオによって、日本は南太平洋を中心に戦線を大幅に縮小し不要な戦闘を避けることで戦力を温存しています。一方で、米軍は日本侵攻を急いだ結果、未だ十分に海軍兵力を再建しきれていない状況です。
したがって、マリアナ沖には日米互角の艦隊戦力が対峙し、しかも日本軍占領下のサイパン島には相当数の航空戦力も温存されているのです。
これまで「点」でしか見えていなかった草加少佐のシナリオが一気に「線」から「面」に展開します。

事故により負傷した鴻上大尉。それでも、「大和」の夜戦に備えた戦闘糧食には兵員の気力を奪う薬品が混入され、「大和」奪取に向けた動きが着実に進行していきます。
夕闇せまるマリアナ沖。
日本軍空母からは、サイパン島への着陸を想定した航空隊攻撃部隊が発進し、米軍空母への攻撃が成功。
艦隊本体による夜戦(夜間戦闘)へと事態は展開していきます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/03

BraveBook:かわぐちかいじ「ジパング 27」

マリアナ諸島沖で、ついに日米両艦隊による戦闘が勃発。
双方の空母から戦闘機が発進。相手方の戦艦群を目指す急降下爆撃機。直援戦闘機との戦闘。
戦略・戦術・戦闘、リアルな戦場の姿がそれぞれの立場から描きだされていきます。
ミッドウェイの敗北を微妙に引きずる日本海軍参謀。その心の中を見透かすように、旗艦「武蔵」から司令部を軽巡洋艦に移動させるよう進言する草加少佐。
いよいよ草加少佐の「ジパング」を目指したシナリオが始動する。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ