カテゴリー「東京絵葉書」の記事

2007/11/09

東京写真蔵:大川端 1999/08/15

隅田川の河口、佃島を見渡すあたりを大川端と言います。
古く江戸時代、千石船が多数停泊する風景が浮世絵にも残ります。

明治維新後、石川島は造船所で殺風景な眺めでしたが、バブル時代の再開発で超高層マンションが林立する新しい風景が出現しました。

1999年、まだ建設中のビルもあって、高層ビルも少ない街並みです。
振り返れば永代橋。
こちらは今も変わりません。

富岡八幡の祭のこの日。
台風直後で川は増水して濁っています。

大川端 1999/08/15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/02

東京写真蔵:浅草ほおずき市 1999/07/10

浅草寺境内では季節毎にいろいろな行事が行われます。
今回ご紹介は初夏の風物、ほおずき市。
本堂を取り囲むように無数の屋台に橙色のほおずきの鉢があふれます。
撮影は約10年前ですが、現在と雰囲気も変わりません。
街そのものが急激に変化し続ける東京で「変わらない」ことの大切さを実感します。
朝早くから夜遅くまで市は続きます。
夜、電灯に照らされたほおずきもまた違った魅力があります。

浅草ほおずき市 1999/07/10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/26

東京写真蔵:渋谷センター街 2001/01/07

21世紀初の正月。
渋谷センター街の女の子達です。
まだまだ不景気だった2001年。新年早々からのセールが目立ちました。

厚底ブーツにミニスカート。原色のウェアに長いマフラー。そして定番のリュックサックにビニールバック。
ガングロギャルはすでにほとんど絶滅していました。

わずか6年。若者の流行の変化は早いのです。

渋谷センター街 2001/01/07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/19

東京写真蔵:旧丸ビル 1996/12/25

丸ビル、正式名称丸の内ビルヂングは、長く東京駅のシンボルでした。
ある時突然に建替が発表され、あっと言うまに解体されてしまいました。
アメリカンスタイルの近代ビルでしたが、昭和初期の建設だけに玄関がアーチだったり、細やかな幾何学模様の装飾がなされていたりと、なかなかの名建築でした。
内部はさすがに老朽化がすすんでいましたが、外観だけでも保存してほしかったものです。

解体直前の1996年12月末、急いで撮影したのがこのアルバムです。
撮影は、かのQV-10。初めて購入したデジカメです。
解像度・色合いも今のデジカメとは較べものにならない、オモチャのようなカメラでしたが、パソコンに画像を取り込めるだけで、当時は衝撃的でした。

今や撮影できない画像なので、あえて公開しましたが解像度は、わずか480*360。
旧丸ビルのあわれな最後の記録です。

旧丸ビル 1996/12/25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/12

東京写真蔵:同潤会・清砂住宅 1997/03/10

ここ10年ほどで失われた建築が数多くあります。
特に関東大震災の復興事業として建設された同潤会住宅はほとんど消滅してしまいました。

同潤会は、わが国初の公営集合住宅です。
都内に何カ所も建設されましたが、表参道ヒルズに建替えられた表参道同潤会住宅が有名でした。

今回ご紹介する清砂住宅は、深川に作られた大規模な団地。
何棟もある中層住宅でしたが、店舗付や独身用など集合建築の実験場のような個性的な建築群でした。
戦後、住宅営団が解散したことで同潤会住宅は個人所有となっていました。
ここ清砂住宅は管理組合が強力だったことが災いして、全棟が一斉に建替えられてしまいました。

貴重な戦前の住宅群が、ほとんど記録に残されることもなく消滅してしまったのは、いかにも残念です。
同潤会住宅は今や浅草地区にごく小規模なものが1カ所残るだけです。


同潤会・清砂住宅 1997/3/10


    この時期の写真の解像度は640*480です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/08

東京写真蔵:お台場 1999/05/23

オープニングは、お台場を選びました。
1999年5月。初夏の暑い日。

いまやショッピングモールや高層ビルが林立するお台場ですが、当時はビルも少なくて、不思議な海辺のリゾート感がありました。
白い砂の入れられた人工の浜には、水着のカップルが大勢!
お台場のシンボル、自由の女神も建設中です。

ウインドサーファーと暴走族のメッカだったころの「湾岸」の雰囲気が残っていた時代です。

お台場 1999/05/23

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/03

東京絵葉書:春木屋

19960105今も続くラーメンブームですが、その先駆けは荻窪でした。当時「荻窪ラーメン戦争」とマスコミで紹介され、大勢の人が行列をつくりました。その急先鋒が春木屋。
いつも歩道に行列ができていて、1時間近く待った覚えがあります。
荻窪ラーメンは魚のダシを使った独特の風味が特徴の東京風醤油ラーメン。
結構通いつめた思いでがあります。

撮影:1996
場所:杉並区上荻1丁目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/02

東京絵葉書:都庁遠望

19960104中野区の神田川沿いは戦後の古めかしい住宅が密集する、ちょっと懐かしい雰囲気のエリアです。
96年当時、神田川の都市型洪水を解消するため大規模な改修工事が行われていましたが、完成した水路は、もはや川ではなく巨大な排水路そのものです。
殺伐とした水路と密集したアパートと古めかしい低層住宅。遠くに見える未来的な都庁とのコントラストが印象的でした。

撮影:1996
場所:中野区弥生町1丁目付近

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/01

東京絵葉書:北十間川

9903030093墨田区から江東区にかけては、江戸から昭和初期までに整備された水路が縦横に張り巡らされています。
江戸に資材を運び、明治から昭和初めには工場の原料や製品を運ぶのに使われた水路です。
使命を終えた現在、かなりの水路が埋め立てられ高速道路や親水公園、宅地などに変わっていますが、いくつかは今も現役です。
北十間川もその一つ。隅田川と中川・江戸川を東西に結びます。
漁船や屋形船が係留され、水の都・江戸の風情を僅かに今に伝えます。
左の高架は東武鉄道、この近辺は特に戦前の雰囲気が残っていました。

撮影:1999.3.30
場所:墨田区吾妻橋2丁目 源森橋上から

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/30

東京絵葉書:つつじの季節

Img_1163ゴールデン・ウィークです。
東京は晴れて初夏のような陽気でした。
桜の終ったこの季節は、つつじが見頃です。

東京でつつじと言えば、根津神社。
江戸時代からの名所で、大勢の見物客で混雑していました。今年は、寒さが長かったのですが、つつじはすでに満開で、例年より少し早いようです。
年によっては、色とりどりに一斉に開花するのですが、今年は赤やピンクの花が目立ちます。

幕府に厚く保護された根津神社は、社殿も立派で見応え十分。
ゴールデン・ウィーク中は、さまざまな歌舞楽曲の奉納もあって、江戸気分を満喫できます。
戦前からの雰囲気を色濃く残す根津や谷中、老舗も多くて手軽に充実した一日が満喫できます。

撮影:2006/4/30
場所:文京区根津神社境内

| | コメント (0) | トラックバック (0)