カテゴリー「FromEditor」の記事

2010/01/03

あけましておめでとうございます

Img_20100103

実は今、横浜に住んでいるのです。
横浜ランドマーク付近のちょっと近未来的で、雄大な風景が大好きです。

全国的には悪天候だったようですが、横浜の三ヶ日は快晴!
初日の出も見えて、気持ちのよい一年の始まりでした。

東にはベイブリッジ越しに房総の山並み
北には遥かに東京新宿の高層ビル
西には真っ白な富士山

横浜に来たらランドマークの展望台にぜひ上ってみてください。
リニューアルしたマリンタワーも人気です。


ランドマークタワー

マリンタワー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/27

更新再開!?


読者の皆様

突然の更新停止から約10月。更新を楽しみにしていただいていた皆様には本当に申し訳ありませんでした。

3月。
梅の咲く頃に、公私とも突然忙しくなり、やむなくブログを停止していました。

ようやく一段落。先が見えてきましたので年明けにも更新を再開させていただきたいと準備中です。


この一年、本当にいろいろなことがありました。
アップしたい出来事も沢山あったのに残念です。「手遅れ」になる前に提言したいことも一杯です。


未更新にも関わらず、度々アクセスいただいた皆様。本当にありがとうございます。
あと少しだけお待ちください。


「すばらしき新世界」運営者

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/17

アマゾンノススメ

今回は「アマゾン」こと「Amazon.co.jp」のお話です。
「Amazon.co.jp」は改めて言うまでもなく、インターネット通販の最大手で、アメリカはもちろんのこと、日本においても圧倒的なシェアを占めています。

厳密にいえば今や通販業者と呼ぶのは適当ではないほど、インターネットに関連する各種サービスを提供している企業ですが、ここでは私たちに縁の深い「インターネットでのお買い物」に絞ってご説明しましょう。

すでにお気づきのように「すばらしき新世界」でご紹介する書籍やDVD・CDなどの最後に、新しいスタイルのアマゾンへのリンクをつけています。

これですね。
このブログの読者の方でも、販売促進のためだけにこのリンクがあると思っている方が多いようだと気づかされたのが、今回のテーマを取り上げた理由です。

確かに、このリンクの「amazon.co.jpで買う」のボタンがクリックされると、販売額の数パーセントの手数料が入ります。なのでぜひクリックしてください。(笑)

でも、このリンクをわざわざ一番の理由は別にあります。

実は、アマゾンのサイトには実に多くの有意義な情報と便利な機能が集中しているからなのです。

上のリンクでご説明しましょう。(クリックしても料金が請求されることなどは一切ありませんので、安心して試してみてください。ブラウザの設定によってはページが移動してしまいますので、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください。)

まずは一番目立つ「amazon.co.jpで買う」ボタン。このボタンをクリックすると購入する商品と金額が表示され、あとは配達先・支払方法などを入力する画面へと進みます。購入した商品は、わずか数日早ければ翌日には手元に届きます。初めて体験するとちょっと感動すると思います。買うつもりがなければ、各段階でキャンセルが可能ですので、興味本位で途中段階まで進んでも大丈夫です。キャンセルした場合何の記録もアマゾンには残りませんから安心してください。

活用してほしいのが、その商品に関する基本的な情報やカスタマーレビューが掲載されているアマゾンの商品紹介ページです。リンク内の画像又は商品名をクリックすると表示されます。

ここには、値段・発売日・曲名・発売元・在庫状況・配送予定日など実に沢山の情報が掲載されています。

もし、貴方がインターネット通販など利用しないとの信念をもっているなら、ここで詳細な情報を確認してCDショップなり書店に注文すれば間違いなく商品を取り寄せることができます。

そして最も活用してほしいのがカスタマーレビュー。この商品を既に購入した人の「個人的な感想文」が掲載されています。この欄への掲載は簡単な登録だけで誰でも可能ですので、人気のDVDや書籍だと実に膨大な「感想文」が掲載されています。

しょせんは素人の感想文と侮ってはいけません。オタク文化全盛の現代日本にあって、商品を購入するほどのマニアの皆さんの知識は、下手なプロ評論家の論評より遥かに高度で専門的であったりします。しかも、カスタマーレビュー自体を利用者が評価する仕組みがあって、有用なレビューのみを効率よく読むことができます。

「すばらしき新世界」の言葉の足りないやや偏向したレビューのみでは、購入を決意するには不安と思う読者の方々にこそ活用してほしい機能です。

見本として安室奈美恵のライブDVDをご紹介しましょう。2009年1月17日現在60件のカスタマーレビューが掲載され、星5つが57、星4つが3となっています。「すべてのカスタマーレビューを見る」をクリックして「有用性の高い順」をクリックすればそれ自体の評価の高いレビューから表示されるでの、10件も読めば、そのDVDがどんなものかが凡そ解ってしまいます。

実は書籍やDVD・CDなどを、このブログで紹介するにあたっては、ほぼ毎回アマゾンのカスタマーレビューを読んでいます。ブログを冗長なものにしないためにも、カスタマーレビューで共通的に指摘されていることや購入者の「共通認識」的な知識などは原則的に割愛して、ブログを書くためです。

言換えれば、カスタマーレビューと併せて読んでいただくことで、ご紹介した書籍などの客観的価値が良くわかると言うことです。

「ロープライス」と表示されている青字は「マーケットプレイス」へのリンクになっています。「マーケットプレイス」はアマゾンの運営する中古品等の販売サイトで、アマゾンを含む多くの出品者から新品又は中古品が出品されています。値段はアマゾン直販価格より安いのですが、金額によらず送料が必要ですので注意が必要です。

「すばらしき新世界」では既に絶版になった古い書籍などをご紹介することがありますが、この「マーケットプレイス」を利用すると比較的簡単に購入することができます。古い書籍やCDの購入は思ったより難しいものなので、近隣の図書館などに所蔵されていなければ、ここを利用するのが便利でしょう。

アマゾンのサイト内は自由に閲覧が可能で、個人情報などが本人の了解なしに収集されることもありません。一方で一度購入すれば、以後はアマゾンが米国特許を持つワンクリック購入システムによって、次回からは本当に数クリックで商品購入が可能な便利な仕組みになっているのです。

「すばらしき新世界」はアマゾンのビジネスモデルを支持しています。このブログと併せてアマゾンを便利に使ってみてはいかがでしょうか。

前回までの怒濤の「荻野目DVD」ご紹介、実に多くの方にご覧いただきありがとうございました。ご紹介できませんでした現在購入可能な荻野目洋子CDのアマゾンリンクを掲載させていただき、特集のまとめといたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/01

謹賀新年

Iphoto_library












横浜みなとみらい臨港パーク 2009.1.1.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/30

お知らせ:「横浜暮らし」始めました

「最近更新されないな」「内容が薄くなってない?」
などご不審の読者の皆様。申し訳ありませんでした。

いたって個人的な理由で現在更新が「手抜き」中です。

横浜に引っ越しました。港近くのマンションです。横浜暮らしは驚きが一杯。
詳しいご報告は、このブログでもいずれさせていただこうと思っていますが、横浜にテーマを絞った新しいブロクを立ち上げました。

「横浜散歩」

「すばらしき新世界」は政治・哲学からお気楽読書まで総合ブログを指向していますが、「横浜散歩」は横浜住まいの方、横浜好きの方や横浜に観光に訪れる方が便利に気軽にご利用いただけるよう作っていきたいと考えています。

こちらも更新少なめで現在のところ記事は2つ。怪しげで楽しげな横浜名曲集のCDのご紹介。
そして先ほどアップしたばかり横浜の桜見物案内です。
横浜の桜はとても綺麗。海風が影響するのか花の色も軽やかに見えます。

今日はこのあと「横浜散歩」でもご紹介した三渓園の「観桜の夕べ」で夜桜見物の予定なのですが、天気予報は午後から雨。少し厚着が必要なようです。

「横浜散歩」もどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/08

東京絵葉書:[東京写真蔵]始めます

アップルのインターネットサービス[.Mac(ドットマック)]がますます進化しています。
個人アカウント[9800円/年]のサーバー容量はついに10GB! 
しかも最新のiLife08のiPhotoを使えば、写真ライブラリがほぼワンタッチでWEBに公開できるようになりました。

この進化は嬉しい。写真解像度を調整して、サムネールを作って、レイアウトして公開する。この厄介な手間がなくなりました。
そこで、暫く休止していた[東京絵葉書]を復活することにしました。

新しいサイトは[東京写真蔵]。
ここ10年ほどに撮り溜めたデジタルフォト約4万枚(!)から、アルバム単位で公開していきます。

アルバムには、
*今では見られない風景や流行
*失われた建築や街
*イベントや行事
などを選んでいきます。
デジタルカメラの進化は著しく、当初420*340だった解像度も今や3072*2304にもなっています。撮影時期によってオリジナル解像度は異なります。

サイトの操作は直感的ですぐ解ると思います。
アップルのデザイン力はやはり凄いと実感。
クリックすると拡大する写真は800*600に統一されています。
オープン記念としてダウンロード機能を有効にしてありますが、ダウンロードされる写真は自動圧縮されたオリジナル解像度のものです。


著作権は放棄していませんので、商用等での利用にあたっては十分ご注意ください。
HP等への転載は自由ですが、あくまでスナップ撮影したもので被写体についての権利関係はしておりませんので自己責任においてご利用ください。

なお、将来的にはサイト上で1枚50円程度の廉価でオリジナル画像の販売を検討しております。
今すぐご購入をご希望の方は、「コメント」にてメールアドレスなどご連絡ください。折り返しご連絡させていただきます。(コメントは公開されません。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/01/31

政策対話編:対話編を始めます。

このカテゴリーとエントリーはどんなものですか?

「日本が危ない」カテゴリーで、何回か政策論などを掲載しました。
初めから心配していたことですが、ブログで本格的な論文を掲載することはブログの構造的にも難しく、何とか掲載しやすく、読みやすい形式を検討してきました。
その結果が「対話」でした。対話形式で政策論を展開していきたいと思っています。
新しく「政策原論」カテゴリーを作って、すでに公開しているエントリーも移行する予定です。

「対話」と言うと、誰かと対談したものを掲載するとか?

実際に対話する予定はありません。もちろん、そのような機会があれば良いのですが。
あくまで、だれかと対話しているような形式で論じていこうと言うものです。

まさに、今がそれですね。

そうですね。(笑)

「対話」といった場合、対等な立場の二人が複数の観点から論じていくのが一般的ですが、そのようになりますか?

「対話」は、慣例的に使われて馴染みがよいので使用します。むしろ「質疑」または「インタビュー」といった感じになるかと思います。

基本的には論点が提示され、疑問点や解りにくい点を質問し答えていくという?

そうです。もちろん論争があるなど別の意見が一般にある場合には、その点も質疑の形で答えていこうと考えています。

政策とは具体的には何を想定していますか?

安部政権発足時に一括アップした「献策十講」を補足することから始めていこうかと考えています。それ以前にアップした年金問題や少子化なども改めて取り上げたいところです。
初めの頃のアップ分は本格的な論文形式を指向していたこともあって、自分で今読んでも解りにくい。(笑)これでは誰も読まないと思います。
やはり一問一答形式で簡潔に論点を整理していく必要を感じます。

ブログとしての機能をどう活用するかが課題ですね?

まさにそのとおりです。読者の方から本当の質問が寄せられて、それに答える形が最良ですね。でも、実際にコメントを付けられてしまうと、どう本文と一体性を保ちつつ回答を掲載するかなど難しさがあります。
特にエントリー数が増えた場合に、重複した質問などをどう処理すればよいのかが問題ですね。

トラックバック機能はどう活用しましょう。

いままでもトラックバック可能なブログ、特に国会議員や評論家などのブログには随分とトラックバックしてみましたが、何の反応もないですね。
特に国会議員はひどい。トラックバックはもちろん、コメントすらできないものがほとんどです。内容も、だれと会ったとかどこへ行ったとか。感覚として、後援団体向けの機関誌程度にしか考えていないのでしょう。
政策を論じない議員とは何なのか改めて考えさせられます。
トラックバックの手間を考えると、当面は検索エンジンからの訪問者のみを想定せざるを得ないでしょうか。もちろん、このブログにトラックバックをしていただくことは大歓迎ですが。

さっそく2月からスタートの予定ですね。

はい。まずは具体的で解りやすい税制改革を取り上げたいと思っています。論文ではないので、構成もあまり緻密に検討しないで、網羅的に論じてみたいと思います。
1回分がどれ位の分量が適当かなど当面は試行錯誤となりそうです。
また、早いうちに防衛省昇格を踏まえて国防政策について本格的に論じたいと思っています。

*政策対話編は2月から開始予定です。ご意見・ご感想などお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/01

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
いつも「すばらしき新世界」をご覧いただきありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/08

はじめまして

ニフティのココログが無料になったとのことで
初ブログをはじめました。
コメント・トラックバック楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)